岡野雄一×盛田隆二「作家の介護、男の介護」 in福岡

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

岡野雄一×盛田隆二「作家の介護、男の介護」

『ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう: 介護げなげな話』(小学館)刊行記念

2016/10/24(月) 19:00~2016/10/24(月) 21:00

イベント受付開始時間 2016/10/24(月) 18:30~

Rethink Books

  • 岡野雄一×盛田隆二「作家の介護、男の介護」 イベント画像1

  • 岡野雄一×盛田隆二「作家の介護、男の介護」 イベント画像2

映画化された『ペコロスの母に会いに行く』など、一連のシリーズで知られる岡野雄一さん。岡野さんの最新刊『ペコロスのいつか母ちゃんにありがとう: 介護げなげな話』は、すべて描き下ろしのイラストと、介護の様子を軽やかなタッチで描いています。

そこで、本作の刊行記念イベントをRethink Booksで開催します。お相手は、作家で、先日ご自身の介護経験を著した初のノンフィクション『父よ、ロング・グッドバイ 男の介護日誌』を書かれた盛田隆二さん。

働き盛りの男性二人が迎えた「親の介護」。そしてその介護とどう付き合っていったのか……誰しも直面する可能性のある「親の介護」と「男の介護」について、お話いただく予定です。

介護中の人も、お二人のファンもぜひお越しください!

【出演者プロフィール】
岡野雄一(おかの・ゆういち)

1950年、長崎市生まれ。漫画家。昨夏91歳で他界した認知症の母を施設訪ねる日々を描いた『ペコロスの母に会いに行く』(西日本新聞社)は映画化され、キネマ旬報日本映画ベスト1を獲得。近著に『ペコロスの母の玉手箱』(朝日新聞出版)など。

盛田隆二(もりた・りゅうじ)
作家。1954年生まれ。情報誌「ぴあ」編集者の傍ら小説を執筆し、 90年のデビュー作『ストリート・チルドレン』で野間文芸新人賞候補に、 92年『サウダージ』が三島由紀夫賞候補となる。 ぴあムック編集長等を経て、同社を96年に退社、作家専業に。 04年刊行の『夜の果てまで』(角川文庫)は30万部のベストセラーになった。 他の著書に『残りの人生で、今日がいちばん若い日』『いつの日も泉は湧いている』『二人静』『おいしい水』など多数。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/9/28(水) 15:00~

2016/10/24(月) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ