林 雄司×嶋浩一郎 「デイリーポータルZ編集長に聞く、愛され続けるコンテンツの作り方」 in東京

  1. TOP
  2. その他

林 雄司×嶋浩一郎 「デイリーポータルZ編集長に聞く、愛され続けるコンテンツの作り方」

デイリーポータルZ編集長×本屋EDIT TOKYO

2017/2/27(月) 19:00~2017/2/27(月) 21:00

イベント受付開始時間 2017/2/27(月) 18:30~

本屋 EDIT TOKYO

2002年に立ち上げられ、以来独自の脱力系オモシロ記事を配信し続ける、ニフティ株式会社運営「デイリーポータルZ」。
14年を経過した今も、その月間来訪者は約200万人、月間PV約1500万を誇る、非ニュース系ポータルサイトでは驚異的な存在です。

今回ご登壇いただくのは、「デイリーポータルZ」の生みの親であり、ウェブマスターおよび編集長を務める、林雄司さん。
14年もの長きに渡り、「ごぼうを50時間煮てみた」「納豆を10万回混ぜてみた」など、唯一無二のコンテンツを作り続ける超人的な企画力の源は、一体どこにあるのでしょうか?
日々数多くのコンテンツが生まれては消えていく中で、「デイリーポータルZ」がずっと多くの人を引きつけ、不変的に愛され続ける理由とは?
取材エピソードなども伺いながら、「デイリーポータルZ」と林さんの、底知れぬ魅力に迫ります。
きっと、コンテンツ開発の過去と未来が見渡せるはずです。

「デイリーポータルZ」ファンは勿論、ウェブメディア、コンテンツ開発に関わる方など、皆様にお楽しみいただけるイベントとなること間違いありません。

進行は、本屋EDIT TOKYO嶋浩一郎が務めます。


【プロフィール】
林 雄司(はやし ゆうじ)
インターネット黎明期の1996年から『東京トイレマップ』『Webやぎの目』等の個人サイトを開始し、人気を博す。
2002年7月、「夏休みの自由研究2002」を立ち上げ、話題となり、ニフティ公式サイトとして「デイリーポータルZ」を開始。以後、同サイトのウェブマスターおよび編集長としてサイト全体の運営を行う。
『Webやぎの目』内の『死ぬかと思った』は書籍化され、その売り上げはシリーズ累計150万部を超えている。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2017/2/14(火) 17:00~

2017/2/27(月) 18:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

2000 ticket

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますのであらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

edittokyo@bookandbeer.com

電話番号

03-6274-6892

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ