牧野伊三夫×内沼晋太郎「寝ても覚めても食うことばかり」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

牧野伊三夫×内沼晋太郎「寝ても覚めても食うことばかり」

『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎)刊行記念

2017/1/23(月) 20:00~2017/1/23(月) 22:00

イベント受付開始時間 2017/1/23(月) 19:30~

本屋B&B

  • 牧野伊三夫×内沼晋太郎「寝ても覚めても食うことばかり」 イベント画像1

12月半ばに、画家の牧野伊三夫さんの著書『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎)が発売されました。

同書は、ご本人の言葉を借りると「頭の中は寝ても覚めても食うことばかりーー美味探求の記。」とある通り、何をどう好み如何に食べてきたか、

・いわしの酢じめ
・砂肝パクチー
・チンジャオロースの作り方
・野菜の干し方
・炭火の使い方
・まずいまぐろのおいしい食べ方


などなど、読んでいるうちにお腹の鳴りそうな一冊となっています。

そこで、今回、同書の刊行を記念してB&Bに牧野伊三夫さんをお招きして、トークイベントを開催いたします。聞き手は、B&Bの内沼晋太郎。

食欲がいたずらに刺激されるイベントとなること必至です! ぜひご参加を!

【出演者プロフィール】
牧野伊三夫(まきの・いさお)

1964 年福岡県北九州市生まれ。画家。美術同人誌『四月と十月』同人。『かもめ食堂』群ようこ著、『それでも日本人は戦争を選んだ』加藤陽子著ほか装丁挿画多数。北九州市情報誌『雲のうえ』、飛騨産業広報誌『飛騨』編集委員。著書に『僕は、太陽をのむ』(港の人)。東京都在住。

内沼晋太郎(うちぬま・しんたろう)
1980 年生まれ。numabooks代表。ブック・コーディネーター、クリエイティブ・ディレクター。 一橋大学商学部商学科卒。某国際見本市主催会社に入社し、2カ月で退社。往来堂書店(東京・千駄木)に勤務する傍ら、2003年book pick orchestraを設立。2006年末まで代表をつとめたのち、numabooksを設立。著書に『本の逆襲』(朝日出版社)など。下北沢の本屋 『B&B』をプロデュース。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/12/29(木) 17:00~

2017/1/23(月) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ