JUSTICE WILL RISE AGAIN - 正義はまた甦る(10月公演) in愛知

  1. TOP
  2. 本、ゲーム、アニメ

JUSTICE WILL RISE AGAIN - 正義はまた甦る(10月公演)

2020/10/1(木) 09:00~2020/10/31(土) 23:00

スケープゴート名古屋店

  • JUSTICE WILL RISE AGAIN - 正義はまた甦る(10月公演) イベント画像1

【マーダーミステリーとは?】
マーダーミステリーとは体験型ミステリーゲームです。
皆様はシナリオの登場人物となり殺人事件の真相を解明していただきます。
もちろん登場人物の中に犯人がいるかもしれません...

【正義はまた甦る:あらすじ】

2090年のアメリカ合衆国ニューヨーク市。この時代、通常の人類よりも特殊な能力を持つ人類として、ミュータントと呼ばれる者たちの存在が知られていた。手から炎を生み出す者、空を飛ぶことができる者、他者の心を読み取ることができる者。ミュータントの能力は、突然変異として生まれつき備わる能力で、訓練によってその実力を発揮できるようになる。
 彼らミュータントの存在が知られるようになったのは、半世紀ほど前のことだ。特殊な能力を持たない人類からは、ミュータントは不安と恐怖の対象になった。彼らは迫害され、排斥されることで、自らの能力を隠すようになった。だが、これまでに何人ものミュータントが自らの能力を公表し、ヒーローとして活動してきた。能力を公表してヒーローとなった者は、災害から人々を救助し、私利私欲のために能力を使うミュータントの悪事を止めるために戦った。彼らの半世紀にわたる活動と努力によって、現在までにミュータントに対する社会の見方というものは、それなりに改善されてきた。
 だがそれでも、ミュータントに対する不安と恐怖がまったく無くなるわけではない。幼少期のミュータントがその能力を暴走させ、大きな事件を起こしたり、家族を殺傷したりすることは、今でもたびたび起こる悲劇であった。『安息の家』ニューヨーク支部は、そんなミュータントの少年少女5人が暮らしている施設だ。支部長であるキースもまた、精神感応(telepathy)の能力を持つミュータントであり、彼らに理解を示し保護している。
 だがある日、キースは遺体となって発見された。『安息の家』6階にある彼の寝室、その窓を破っての転落死であった。


【定員】
  5名

------------------------------------------------------------
【販売対象チケット】
①10月 3日(土)13:00〜16:00
②10月31日(土)18:00〜21:00

※チケットは完全前払い制(クレジット払い)になっております。
------------------------------------------------------------

【注意事項(※必ずお読みください)】
①前日21:00までに定員に達しなかった場合、キャンセル連絡および全額返金させて頂きます。

②チケット購入後にキャンセルされる場合、メール、TwitterのDM等でご連絡ください。
イベント開催日の前日12:00までのキャンセル受付は全額払い戻しさせて頂きます。それ以降の返金はできないのでご了承ください。

③マーダーミステリーは1人でもキャンセルされると開催が難しいゲームです。そのため連絡なしでキャンセルされる場合(いわゆるドタキャンの場合)は、全員分の参加費請求&次回からの参加をお断りさせて頂きます。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2020/9/22(火) 09:00~

2020/10/31(土) 23:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

10月31日(土)18:00〜21:00

4,000円

受付中残り5枚

10月3日(土)13:00〜16:00

4,000円

予定枚数終了

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

murdermystery.nagoya@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ