醤油の学校2018秋〜<昼の部>2019年の春に楽しめる醤油を仕込みましょう。 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 教室、ワークショップ

醤油の学校2018秋〜<昼の部>2019年の春に楽しめる醤油を仕込みましょう。

2018/10/13(土) 11:30~2018/10/13(土) 13:30

イベント受付開始時間 2018/10/13(土) 11:00~

神保町SAKAKI LAB.

  • 醤油の学校2018秋〜<昼の部>2019年の春に楽しめる醤油を仕込みましょう。 イベント画像1

・手作り醤油仕込み

同じ麹でも、塩と水種類、そして熟成環境が違うと、

味わいに驚くほど差がでる醤油

火入れも濾過もしていない生醤油甘みと風味は、

自家製でなければ味わえない逸品です。

ワークショップでは、麹1kgと、塩250g、水1リットルを使って

オリジナル「諸味」を作っていただきます。

仕込んだ「諸味」は、熟成用容器に入れて皆様にお渡しいたします。

秋から冬にかけて(約8ヶ月)熟成して頂くと、

ご自宅でおいしい手作り醤油が味わえます。

・三陸お刺身と醤油、ごはん試食

三陸自慢刺身と八木澤商店「奇跡」をご用意して

醤油旨味をたっぷり味わっていただきます。

醤油造りを図解で解説

醸造プロであり、発酵マニアでもある河野社長に、

醤油仕込みをくわしく解説していただきます。

河野社長「発酵学」はエンタテイメントです。


<持ち物>

★エプロン

★塩 250g

(日本でも、海外でもどんな塩でもOKです。

ただしおおきな塊塩は、水に溶けにくいであまりお勧めできません。)

 <講師>

【河野通洋(こう・みちひろ)】

1973年陸前高田市生まれ。レッドロックスコミュニティカレッジ卒業。1807(文化4)年創業、210年歴史を誇る醤油味噌醸造蔵・八木澤商店九代目。東日本大震災直後2011年4月に代表取締役社長に就任。東日本大震災により、蔵、製造工場が全壊、流失したが、「雇用だけは守る」と銀行預金を給料として社員に支払いながら、会社再建に取り組む。震災後5月には岩手県内陸に営業拠点を移し営業を再開。2012年陸前高田市に戻り本社兼店舗を再開。2013年自社工場による製造開始。また、高田若手経営者をひっぱる中心的な存在1人として、2011年9月には陸前高田経営者たちと一緖に“復興まちづくり会社”「なつかしい未来創造 株式会社」立ち上げに関わる。

http://www.yagisawa-s.co.jp/

【山田英季(やまだ・ひですえ)】

1982年兵庫県生まれ。フレンチ、イタリアン、和食などシェフを歴任後、もつ焼き「でん」経営を行うかたわら、雑誌、書籍、テレビなどへレシピ提供を行う。2015年より、株式会社 and recipeを設立。「旅と人と食」をテーマにしたサイト運営と、「食」を中心としたリアルな場所でコミュニケーションを通じて、世界に活躍場を広げている。最新著書に『にんじん、たまねぎ、じゃがいもレシピ』(光文社)、『かけ焼きおかず』(グラフィック社)など。

http://andrecipe.tokyo/

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/10/6(土) 13:00~

2018/10/12(金) 15:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

醤油の学校2018秋〜<昼の部>

4,200円

スマホ専用チケット

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

info@andrecipe.tokyo

電話番号

03-6416-8025

10時〜17時(平日)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ