港大尋×管啓次郎「村次郎を発見しよう(全2回)第2夜 村次郎、声と音による発見」 in東京

  1. TOP
  2. その他

港大尋×管啓次郎「村次郎を発見しよう(全2回)第2夜 村次郎、声と音による発見」

『もう一人の吾行くごとし秋の風』(左右社)刊行記念

2018/12/15(土) 19:00~2018/12/15(土) 21:00

イベント受付開始時間 2018/12/15(土) 18:30~

本屋B&B

  • 港大尋×管啓次郎「村次郎を発見しよう(全2回)第2夜 村次郎、声と音による発見」 イベント画像1

生前にはただ2冊の詩集を刊行したのみで、八戸市鮫にある旅館の経営者として生きた詩人、村次郎(1916-1997年)。このたび、未刊行詩集を含めた彼の全作品からの選詩集が、『もう一人の吾行くごとし秋の風』と題して、左右社から刊行されました。選と解説は管啓次郎。
本書の刊行を記念して、B&Bでは2週連続で、イベント「村次郎を発見しよう」を開催いたします。


第2夜「村次郎、声と音による発見」港大尋+管啓次郎

12月15日(土)の第2夜では、音楽家の港大尋さんをお迎えして、即興演奏に乗せて村次郎作品の朗読をお届けするほか、村次郎の詩に曲をつけ歌にする試みにも挑戦します。声と音楽による村次郎の世界を、ゆったりとお楽しみください。


【出演者】
港大尋(1969年~)。音楽家。バンド「ソシエテ・コントル・レタ」で活動する他、『声とギター』(2008年)、『24のプレリュード』(2016年)など、ソロアルバムを発表。舞台音楽や、詩人たちとの共作も多い。

管啓次郎(1958年~)。詩人、明治大学理工学部教授(批評理論)。紀行エッセー『斜線の旅』(2010年)で読売文学賞。最新の詩集に『数と夕方』(2017年)と英語詩集 Transit Blues (2018年)がある。古川日出男らとの朗読劇『銀河鉄道の夜』を、2011年以来各地で上演。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2018/11/7(水) 16:00~

2018/12/15(土) 16:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ