今森光彦展 写真と切り絵の里山物語 in東京

  1. TOP
  2. 展示・展覧会、美術館

今森光彦展 写真と切り絵の里山物語

2019/8/28(水) 10:00~2019/9/4(水) 17:00

松屋銀座8階イベントスクエア

  • 今森光彦展 写真と切り絵の里山物語 イベント画像1

  • 今森光彦展 写真と切り絵の里山物語 イベント画像2

Overview


会  期


2019年8月28日(水)-2019年9月4日(水)


時  間


10時~20時

9月1日(日)は19時30分まで。

(最終日は午後5時閉場・入場は閉場の30分前まで)


会  場


松屋銀座8階イベントスクエア


協  賛


株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン


企画協力


㈲おうれりあん、クレヴィス


前 売 券


一般700円、高校生500円、中学生400円、小学生300円

※8月27日(火)まで販売。





About

人と自然がともに生きる“里山”。その中で生み出される豊かな営みを見つめつづけてきた写真家・今森光彦さん。琵琶湖を望む田園風景の中にアトリエを構え、四季折々に移り変わる田んぼや里山に集まる生き物を撮り続けてきました。今森さんはまた、蝶や鳥、植物をモチーフに、精緻で生き生きとした作品をつくる切り絵作家としても知られています。深い洞察力により、たった一本のはさみから生み出される作品には、昆虫の力強さや植物の鮮やかさが表現されています。

本展では、里山に暮らす今森さんのライフスタイルの紹介をおりまぜながら、写真と切り絵で里山の魅力に迫ります。迫力ある大型作品を含む写真約80点、切り絵作品約30点をご紹介します。自然とそこに暮らす人々がつながる美しい里山の景色と、身近な自然と関わりながら暮らす喜びや魅力をお楽しみください。



Profile

今森光彦(いまもりみつひこ)

1954年 滋賀県生まれ。写真家・切り絵作家。大学卒業後独学で写真技術を学び1980年よりフリーランスとなる。琵琶湖をのぞむ田園風景の中にアトリエを構え活動する。自然と人との共存を里山というキーワードで表現し続けている。第20回木村伊兵衛写真賞、第28回土門拳賞、第48回毎日出版文化賞、第56回小学館児童出版文化賞、第42回産経児童出版文化賞大賞など数多くの賞を受賞。

 

※場内混雑の場合はお待ちいただく場合もございます。
※場内での写真撮影はかたくお断りいたします。
※展示品にはお手を触れぬようお願い致します。
※場内でのご飲食、ならびに携帯電話のご使用はご遠慮ください。
※ご入場は閉場の30分前まで。(最終日は午後4時30分までにご入場ください。)
※再入場はできません。
※補助犬以外のペットを連れてのご入場はお断りいたします。





コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2019/8/1(木) 11:00~

2019/8/27(火) 23:59

PassMarketのチケットについて

チケット情報

01.今森光彦展 写真と切り絵の里山物語 一般前売券

700円受付中

スマホ専用チケット

02.今森光彦展 写真と切り絵の里山物語 高校生前売券

500円受付中

スマホ専用チケット

03.今森光彦展 写真と切り絵の里山物語 中学生前売券

400円受付中

スマホ専用チケット

04.今森光彦展 写真と切り絵の里山物語 小学生当日券

300円受付中

スマホ専用チケット

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

主催者のFacebookページ

お問い合わせ先

メールアドレス

info-ginza@matsuya.com

電話番号

03-3567-1211

午前10時〜午後8時(営業時間)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ