「みんなの図書館さんかく」オンライン視察 in静岡

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 本、ゲーム、アニメ

「みんなの図書館さんかく」オンライン視察

2020/12/13(日) 14:00~2020/12/13(日) 16:00

オンライン開催(zoom)

  • 「みんなの図書館さんかく」オンライン視察 イベント画像1

  • 「みんなの図書館さんかく」オンライン視察 イベント画像2

「みんなの図書館さんかく」は、静岡県焼津市の駅前通り商店街に開設されている完全民営・黒字経営の小さな私設図書館です。

誰かが誰かにサービスを提供してそれを消費するのではなく、ここに来た人誰もがこの場の主人公として「参画」する場になってほしい。そして、この図書館だけでなく、まちや社会に「参画」する拠点になってほしい、そんな思いを名前に込めました。

※第15回「マニフェスト大賞」優秀賞を受賞しました。

「私」がつくる「公共空間」
「さんかく」は、「私」がつくる「公共」の社会実験として、完全民営の運営を実現しています。
具体的には、「一箱本棚オーナー制度」と呼ばれる一風変わった仕組みを導入することで、家賃や水道光熱費など、最低限の運営費を自ら稼ぎ出しています。

一箱本棚オーナー制度は、月額2,000円で、自分がプロデュースする本棚を図書館のなかに持つことができる仕組みです。本を置く以外にリターンがないこの仕組みですが、「さんかく」の価値観に共感してくださった方を中心に、現時点で38人がオーナー契約を結んでいます。

今回のオンライン視察について
「さんかくみたいな図書館をつくりたい!」という声を多くいただき、少しでも多くの方にノウハウを共有できればと思い、オンライン視察を企画しました。オンライン視察では、「さんかく」の月ごとの利用者数の推移や、月収支、「参画」の仕組みなど、どんなことにでもお答えします。

概要
日時:2020年12月13日(日)14:00−16:00
内容:
 ・みんなの図書館さんかくの概要説明(土肥)
  ・さんかくの経営の仕組み
  ・一箱本棚オーナーをどう集めたか?
  ・利用者をどう集めているか?
 ・自由質問
※自由質問の時間を長めに取ることを考えています。

定員:12名
対象:
 ・自分のまちにも私設図書館をつくってみたい方
 ・「私」がつくる「公共」のコンセプトを詳しく聞いてみたい方
 ・学びを軸にした公共空間に関心がある方
参加費:
 ・一般 3,000円 
 ・学生/ローカルコミュニティの実験室 ラボメンバー 1,000円

※「ローカルコミュニティの実験室」は、トリナスが運営する地域の未来を考えるオンラインサロンです。

主催:一般社団法人トリナス

話題提供する人
土肥 潤也(みんなの図書館さんかく 館長)

コミュニティファシリテーター。1995年、静岡県焼津市生まれ。早稲田大学社会科学研究科修士課程 都市・コミュニティデザイン論修了、修士(社会科学)。2013年から若者の社会・政治参加に関する活動に参加し、2015年に、NPO法人わかもののまちを設立(現在は代表理事)。静岡県内を中心に、わかもの会議やユースセンターの発足・運営に携わり、これまでの経験をもとに、全国各地で子ども・若者の地域参加、政治参加に関わる研修や実践支援に取り組む。2020年に、一般社団法人トリナスを共同創業、現在は代表理事。内閣府「子供・若者育成支援推進のための有識者会議」構成員。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2020/11/13(金) 18:00~

2020/12/13(日) 15:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

一般参加券

3,000円

学生・ローカルコミュニティの実験室ラボメン参加券

1,000円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

sankakuyaizu@gmail.com

電話番号

09060993313

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ