小出亜佐子×野中モモ×ばるぼら「日本のZINEについて知ってることすべて-80年代インディー編」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

小出亜佐子×野中モモ×ばるぼら「日本のZINEについて知ってることすべて-80年代インディー編」

『日本のZINEについて知ってることすべて』刊行記念

2018/3/31(土) 15:00~2018/3/31(土) 17:00

イベント受付開始時間 2018/3/31(土) 14:30~

本屋B&B

  • 小出亜佐子×野中モモ×ばるぼら「日本のZINEについて知ってることすべて-80年代インディー編」 イベント画像1

デザイン誌『アイデア』での人気連載『日本のZINEについて知ってることすべて』が昨年11月に待望の書籍化を果たしました! 刊行を記念して、本編では紹介に留まっていた分野を補完していくトークイベントシリーズの開催が決定。第1回の「90年代テクノ編」、第2回の「関西アンダーグラウンド編」に続く第3回は「80年代インディー編」。1985~1989年までミニコミ『英国音楽』を主宰した小出亜佐子さんをゲストにお迎えし、貴重なお話をうかがいます。

【出演者プロフィール】
小出亜佐子(こいで・あさこ)
1985~1989年までミニコミ『英国音楽』主宰。最後の2号にフリッパーズ・ギターの前身ロリポップ・ソニック参加のソノシートをつけたがために、身に余る評価を受けました。1993年から『米国音楽』に参加。現在は引退し、ぐ~たら主婦兼主に80年代音楽墓掘り人。近年の仕事にred go-cartの7インチレコード『sprites gave』(2018/galaxy train)のライナーノーツ執筆。

野中モモ(のなか・もも)
文筆・翻訳業。オンライン書店「Lilmag」店主。著書に『デヴィッド・ボウイ 変幻するカルト・スター』(筑摩書房)、訳書にキム・ゴードン『GIRL IN A BAND キム・ゴードン自伝』(DU BOOKS)、ダナ・ボイド『つながりっぱなしの日常を生きる─ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの─』(草思社)、アリスン・ピープマイヤー『ガール・ジン「フェミニズムする」少女たちの参加型メディア』(太田出版)などがある。

ばるぼら
ネットワーカー、古雑誌蒐集家、周辺文化研究家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』(共に翔泳社)、『NYLON100%』『岡崎京子の研究』(共にアスペクト)。赤田祐一との共著で『消されたマンガ』(鉄人社)、『20世紀エディトリアル・オデッセイ』(誠文堂新光社)がある。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/2/27(火) 12:00~

2018/3/31(土) 12:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ