モンゴル映画上映会 & レクチャー in京都

  1. TOP
  2. 映画、舞台、演劇

モンゴル映画上映会 & レクチャー

2019/9/16(月) 11:00~2019/9/16(月) 16:00

京都今出川 同志社大学 寒梅館クローバーホール

  • モンゴル映画上映会 & レクチャー イベント画像1

  • モンゴル映画上映会 & レクチャー イベント画像2

  • モンゴル映画上映会 & レクチャー イベント画像3

モンゴルを訪れた日本人は「モンゴルは古き良き日本の空気がある」と言う人も多いモンゴル。

気高く優しいモンゴル民族の生き方には、日本人が忘れてしまった大切なものがあります。

この度、モンゴルの美しい風景や文化、そして人々の人生を映した4作品をセレクトいたしました。

  • 社会主義時代に生きた母の限りない愛を描く「母」
  • モンゴルの素晴らしい四季の姿を映した「四季遊牧」
  • 現代社会と自然破壊によるモンゴル文化の退廃を描く「オボー」
  • おじいさんと馬の愛を描く「黒い馬」

以上、4作品をお楽しみください。

映画上映後は、同志社大学の学生たちによるモンゴルバター茶の試飲会や、ミニ講演も予定しております。


上映作品

69歳のシングルマザー・ハンダはモンゴルのオブス州で生活していた。ハンダの唯一の息子は軍隊で働いていたが、不運なことが起こり、殺人罪を犯してしまう。
厳しい社会主義時代のモンゴルで起きた、母と子の愛の物語。

四季・遊牧
一度見出したらどうしても席を立てない。モンゴルの遊牧民の暮らしのようにゆったりとした時間に包まれながら、終わりまで見てしまう。この作品にはそんな不思議な魅力がある。学術的な記録として撮られた画像なのだろうが、これはもう、作品である。
モンゴルの大自然とそこに暮らす素朴な人々 ―― というテーマで作られたテレビドキュメントはいくらでもある。劇映画もいくつか作られている。しかし、調査隊の学者や学生たちが、日本では想像もできない厳しい自然の中を、ツェルゲルという村で一年を過ごしながら作られた『四季・遊牧』は、そのてのものとはまったく違う。モンゴルを深く知る人によってはじめてとらえることのできる迫力が画面に溢れ、一年間をともに過ごした何組もの遊牧の家族たちへの熱い愛情と、その人たちの暮らしのあり方への敬意が胸をうつ。
推薦の言葉 山田洋次監督

黒い馬
孫が結婚し、町で家を買うためにはお金が必要に。
お爺さんは黒い馬「ハリフ」以外の家畜をならば
売ってもいいと許可。
しかし売人が「ハリフ」のことを気に入ってしまう。

オボー
オボーはモンゴルでは神聖的な物です。
オボーは墓ではありません。オボーには女性が
近づいてはいけません。昔からモンゴル人が
オボーを祭って家族の裕福・平和を祈る習慣が
あります。しかし内モンゴルでは、若者が伝統の
文化を忘れてしまっています。
伝統文化を守り続けるために書いた物語。



コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/8/9(金) 10:00~

2019/9/15(日) 23:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

モンゴル映画上映会 in 同志社大学 4作品上映&レクチャー&モンゴルバター茶試飲会

1,000円

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

主催者のFacebookページ

お問い合わせ先

メールアドレス

info@mongol-film.com

電話番号

07010025633

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ