【新潮講座スペシャル】「意識」の壁 in東京

  1. TOP
  2. その他

【新潮講座スペシャル】「意識」の壁

 講師:養老孟司(解剖学者)・池田清彦(生物学者)

2018/12/12(水) 16:00~2018/12/12(水) 17:30

イベント受付開始時間 2018/12/12(水) 15:30~

新潮講座神楽坂教室

  • 【新潮講座スペシャル】「意識」の壁 イベント画像1


動物とヒトとは「意識」でどう違うのか。「感覚」よりも「意識」が優位になった人間は、どんな能力を獲得し、それによってどんな誤謬が生じているのか──。最新の科学技術、政治、外交、教育、医療、「虫」等々におけるさまざまな事象を例に見ながら、変化しつづける現実を情報化によって固定・処理しようとする「社会脳」の発達が現代社会に及ぼしている問題のありようを示し、《意識とは何か》を根本から考える特別対談。


【日時】

2018年 12月12日(水) 16:00~17:30  全一回

(教室開場は30分前です) 


【受講料】

4,320円(税込)


【講師紹介】

養老孟司(ようろう・たけし) 1937年、鎌倉市生まれ。東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。98年、同大学名誉教授に。著書に『からだの見方』(サントリー学芸賞受賞)『形を読む』『解剖学教室へようこそ』『日本人の身体観』『唯脳論』『バカの壁』『養老孟司の大言論~』『「自分」の壁』『身体巡礼』『骸骨考』『遺言。』など多数。「身体の喪失」から来る社会の変化について思索を続けている。

池田清彦(いけだ・きよひこ) 1947年、東京生まれ。東京都立大学大学院理学研究科博士課程単位取得満期退学。生物学者。早稲田大学名誉教授。『構造主義生物学とは何か』『構造主義科学論の冒険』『昆虫のパンセ』『他人と深く関わらずに生きるには』『38億年 生物進化の旅』『「進化論」を書き換える』『この世はウソでできている』『ナマケモノはなぜ「怠け者」なのか』等、著書多数。


【内容項目(予定)】    

 ・ 人間が意識によってとらえる「同じ」とは、どういうことか

 ・「自己同一性」という錯覚

 ・「社会脳」と「非社会脳」の関係

 ・ 虫の世界から人の世界を視る

                   etc.

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

【新潮講座】「意識」の壁 (養老孟司×池田清彦) 2018年12月12日(水) 16:00~

[販売期間] 8/15(水) 10:00~12/12(水) 16:00

4,320円予定枚数終了

販売条件

恐れ入りますが、コンビニ決済をご希望のお客様はヤフーIDを取得していただく必要がございます。なにとぞご了承下さい。
電話お申し込みの方は、
03-3266-5776
へご連絡ください(受付時間:平日10時~18時)。

お支払いいただいた受講料は、キャンセルもしくは欠席の場合でも原則としてお返しいたしません。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

主催者のFacebookページ

お問い合わせ先

メールアドレス

kohza@shinchosha.co.jp

電話番号

03-3266-5776

【月~金曜】10時~18時(祝日・年末年始を除く)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ