内田洋子×仲俣暁生「下北沢でヴェネツィアに会う」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

内田洋子×仲俣暁生「下北沢でヴェネツィアに会う」

『対岸のヴェネツィア』(集英社)刊行記念

2017/11/13(月) 20:00~2017/11/13(月) 22:00

イベント受付開始時間 2017/11/13(月) 19:30~

本屋B&B

  • 内田洋子×仲俣暁生「下北沢でヴェネツィアに会う」 イベント画像1

語り継がれる名著『ジーノの家 イタリア10景』で、
講談社エッセイ賞、日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した
内田洋子氏の最新作『対岸のヴェネツィア』。
ミラノから繰り返し通ううちに、ヴェネツィア本島対岸のジュデッカ島に
居を構えて数年。本書は、旅行者としてではなく居住者の目線で、
稀有な個性を持つ町に暮らす人々の人生の断片をあぶり出します。
厳しい掟に縛られたゴンドラ乗りの世界に挑む人
、裕福なマダムに仕えるスペイン出身の元船員、
一千年分の公文書の電子化に取り組む研究者たち……。
幻都の永遠と日常が描かれる十二章です。

『対岸のヴェネツィア』の刊行を記念し、編集者・文筆家で
「マガジン航」発行編集人の仲俣暁生氏が聞き手となって、
ヴェネツィアをめぐる話を内田洋子さんに語っていただきます。



内田洋子 Uchida Yoko
1959年神戸市生まれ。東京外国語大学イタリア語学科卒業。通信社ウーノ・アソシエイツ代表。2011年『ジーノの家 イタリア10景』で講談社エッセイ賞、日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。著書に『ミラノの太陽、シチリアの月』『カテリーナの旅支度 イタリア二十の追想』『皿の中に、イタリア』『イタリアの引き出し』『どうしようもないのに、好き イタリア15の恋愛物語 』『イタリアのしっぽ 』『イタリアからイタリアへ』『ロベルトからの手紙』『ボローニャの吐息』『十二章のイタリア』、翻訳書に『陽気にでもほどほどに』(カルロ・マリア・チポッラ著)、『イタリアを食べる』(ステファニア・ジャンノッティ著)、『パパの電話を待ちながら』(ジャンニ・ロダーリ著)がある。現在、イタリア在住。

仲俣暁生 Nakamata Akio
1964年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。編集者、文筆家。「マガジン航」編集発行人。大正大学表現学部客員教授。
著書に『ポスト・ムラカミの日本文学』(朝日出版社)、『極西文学論』(晶文社)、『〈ことば〉の仕事』(原書房)、『再起動(リブート)せよと雑誌はいう』(京阪神エルマガジン社)ほか、編著に『編集進化論』(フィルムアート社)ほかがある。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2017/10/22(日) 14:00~

2017/11/13(月) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ