大栗博司(物理学者[素粒子論])x 坂本夏子(本展アーティスト)トークセッション in東京

  1. TOP
  2. 展示・展覧会、美術館

大栗博司(物理学者[素粒子論])x 坂本夏子(本展アーティスト)トークセッション

坂本夏子個展 関連企画

2019/6/29(土) 14:00~2019/6/29(土) 15:30

イベント受付開始時間 2019/6/29(土) 13:30~

ANOMALY

  • 大栗博司(物理学者[素粒子論])x 坂本夏子(本展アーティスト)トークセッション イベント画像1


-坂本夏子個展 関連企画-
大栗博司(物理学者[素粒子論])x 坂本夏子(本展アーティスト) 


2019年6月29日(土) 
開場 13:30 /開演 14:00~15:30頃予定

入場料:無料
場所: ANOMALY(東京都品川区東品川1-33-10 Terrada Art Complex 4F) 
主催: ANOMALY 

※Talk will be conducted in Japanese.
※当日、展覧会は通常通りトークセッション中もご覧いただけます。



登壇者ご紹介:

大栗博司(おおぐり・ひろし) 
物理学者[素粒子論]/カリフォルニア工科大学カブリ冠教授、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員。
京都大学大学院修士課程卒業後、東京大学理学部助手、プリンストン高等研究所研究員を経て、1989年に東京大学より理学博士号を授与される。シカゴ大学助教授、京都大学数理解析研究所助教授、カリフォルニア大学バークレイ校教授などを歴任。2000年にカリフォルニア工科大学に移籍、2007年に初代のフレッド・カブリ冠教授に就任し、現在に至る。カリフォルニア工科大学では、数学・物理学・天文学副部門長(理学部副学部長に相当)を務める。2014年にウォルター・バーク理論物理学研究所を立ち上げ、初代所長に就任。 2007年には東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)の立ち上げに参加し、主任研究者となる。2018年に機構長に就任。 2003年より米国コロラド州のアスペン物理学センターで会員、科学書記長、理事などを歴任。2016年に所長に就任。理論物理学における業績に対し、アメリカ数学会アイゼンバッド賞、ドイツ連邦共和国フンボルト賞、ハンブルク賞、サイモンズ賞、仁科記念賞、中日文化賞などを受賞。アメリカ芸術科学アカデミーとアメリカ数学会のフェロー。科学解説書『大栗先生の超弦理論入門』(ブルーバックス)に対し講談社科学出版賞を受賞。科学監修をした映像作品『9次元からきた男』は国際プラネタリウム協会最優秀教育作品賞を受賞。

坂本夏子(さかもと・なつこ) 
1983年熊本県生まれ。画家。2012年に愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。「絵画の庭―ゼロ年代日本の地平から」(2010年、国立国際美術館、大阪)、「魔術/美術―幻視の技術と内なる異界」(2012 年、愛知県美術館、愛知)、「であ、しゅとぅるむ」(2013年、名古屋市民ギャラリー矢田、愛知)など多数のグループ展に参加するほか、個展「ARKO 2013 坂本夏子」(2013年、大原美術館、岡山)では、滞在制作した大作を発表。2009年に絹谷幸二奨励賞、2010年にVOCA奨励賞を受賞。

*敬称略

コメント

現在申し込み停止中です

販売
期間

2019/6/19(水) 12:00~

2019/6/29(土) 14:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

大栗博司(物理学者[素粒子論])x 坂本夏子(本展アーティスト)トークセッション

[販売期間] 6/19(水) 12:00~6/29(土) 14:30

無料

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

info@anomalytokyo.com

電話番号

03-6433-2303

火・水・木・土 11:00~18:00、金 11:00~20:00

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ