新人のための脳卒中片麻痺に対する運動学習〜立位から歩行まで~ in兵庫

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

新人のための脳卒中片麻痺に対する運動学習〜立位から歩行まで~

2018/7/8(日) 10:30~2018/7/8(日) 16:30

尼崎中小企業センター

片麻痺患者の歩行治療に大切な2つの原則とは?


脳卒中によって片麻痺を呈した方の歩行へのアプローチを行う際に、こんな困った経験はありませんか?



歩行訓練を繰り返しても、麻痺側下肢の支持性が上がらない

介助歩行をしているとうまく歩けるけれども、介助がないとうまく歩けない

筋緊張が高い方に対してROM訓練をした後で歩行訓練をすると、また筋緊張が高まってしまう



おそらく、新人のセラピストのほとんどが、同じ悩みを持っているはずです。

歩行能力が向上するということは、片麻痺を呈した方が「”歩き方”をうまく学習できた」ということでもあります。
そのため、歩行へのアプローチがうまくいかない場合は、

「セラピストが教えたい”歩き方”を片麻痺を呈した方が正しく理解できていない」

という視点を持つことが重要となります。

評価とアプローチのポイントは

「どのようなことを意識してもらうか」という注意の向け方

「簡単な運動から学習してもらう」という運動の難易度設定

にあります。



今回のセミナーでは、片麻痺を呈した方の代表的な歩行パターンを整理したうえで、
注意の向け方と運動の難易度設定に着目した評価からアプローチまでの一連の流れを”実技中心”で学べます。

セミナーを通じて、片麻痺を呈した方から「〜を意識していれば歩きやすい」という声をいただけるようになることを目指します。

プログラム
神経科学にもとづく運動学習のポイント
運動学習ができない原因の評価法(注意の向け方、運動の難易度設定):実技
効果的な運動学習を進めるための指導方法(注意の向け方、運動の難易度設定):実技
立位から歩行の評価:実技
立位から歩行のアプローチ:実技

持ち物
・動きやすい服装(足部・膝が露出できるもの)
・筆記用具
・昼食

生野先生のセミナーの様子はこちら
2017-08-19 立位バランスが悪い症例への介入方法とは?

---------------

講師:生野 達也 先生

動きのコツ研究所 所長 / 理学療法士

---------------

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/5/13(日) 22:00~

2018/7/8(日) 08:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

新人のための脳卒中片麻痺に対する運動学習〜立位から歩行まで~

6,500円

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

seminar@ep-och.com

電話番号

08044924613

10時~18時

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ