清流劇場・オーストリア劇勉強会2021

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 映画、舞台、演劇

清流劇場・オーストリア劇勉強会2021

ウィーン革命への道のり-19世紀前半のウィーンにおける文学および文化状況-

2021/1/12(火) 19:00~2021/1/12(火) 21:30

  • 清流劇場・オーストリア劇勉強会2021 イベント画像1

  • 清流劇場・オーストリア劇勉強会2021 イベント画像2

  • 清流劇場・オーストリア劇勉強会2021 イベント画像3

日時

2021年1月12日(火)19:00~21:30(途中休憩あり)

講師

松村國隆(大阪市立大学名誉教授・オーストリア文学)

対象

演劇経験不問

19世紀のオーストリア社会と文学について、関心をお持ちの方ならどなたでも歓迎いたします。

会場

Zoomによるオンライン開催

申込締切日

2021年1月11日(月)

お問い合わせ

清流劇場『オーストリア勉強会2021』:https://seiryu-theater.jp/archives/7525
e-mail:info@seiryu-theater.jp


企画・制作


一般社団法人清流劇場

講義内容

ハプスブルク帝国の都ウィーンは、バロック以来、音楽都市、また演劇都市としてヨーロッパ全土にその名を馳せていた。まずはそのおおよその歴史をたどる。
しかし19世紀初頭のウィーンでは、ワイマルで活躍したゲーテやシラー、あるいはベルリンやイェーナで活躍したシュレーゲル兄弟、ティーク、ノヴァーリスに匹敵するような作家は輩出していなかった。
それでも10年代の後半から帝室劇場(今日のブルク劇場)では、ギリシア古典劇やスペイン演劇に題材を求めたグリルパルツァーの作品が上演された。20年代になると、バロックの伝統を踏まえたライムントの作品が、30年代から40年代にかけてネストロイの作品が郊外の劇場(レオポルトシュタット劇場あるいはアン・デァ・ウィーン劇場)で上演された。
今回上演されるネストロイの民衆劇『クレーヴィンケル市の自由』は、ウィーンの演劇史上どのような位置を占めているのか。またグリルパルツァーやライムントの作品との比較において、彼のこの作品はどのように受容されたのか。そうした問題についても、当時のウィーンの文化状況を顧慮しつつ探ってみたい。

講師 松村國隆


代表 田中孝弥 からのお誘い

清流劇場はオーストリア民衆劇『クレーヴィンケル市の自由』を2021年3月に上演予定です。これに先立ち、広く一般の方にも参加していただける勉強会を企画しました。
この作品の初演は1848年7月1日。ウィーン3月革命勃発後の間もない時期でした。当時のウィーンの状況が鮮明に反映されており、メッテルニヒ体制が崩壊し、革命の最も高揚した5月までが描かれています。作者ネストロイの笑いの特徴はその攻撃の矛先が体制側へも革命勢力へも向けられていることです。彼の作品に民主主義的傾向が見られるとはいえ、特定の被抑圧階級の代弁者はいません。近年の民主化デモとも重なる作品上演を通じ、今一度あるべき社会の未来像を考える機会にしてみたいと思います。どなた様もふるってご参加ください。

チケット販売期間外です

販売
期間

2020/12/21(月) 10:00~

2021/1/12(火) 00:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

オーストリア勉強会2021

[販売期間] 12/21(月) 10:00~1/11(月) 23:59

1,200円

販売条件

演劇経験不問
19世紀のオーストリア社会と文学について、関心をお持ちの方ならどなたでも歓迎いたします。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

info@seiryu-theater.jp

電話番号

080-2487-1347

10時~18時

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ