反戦映画「明日へ ―戦争は罪悪である―」トークイベント付上映会 in神奈川

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 映画、舞台、演劇

反戦映画「明日へ ―戦争は罪悪である―」トークイベント付上映会

2019/8/10(土) 14:30~2019/8/10(土) 18:30

シネマノヴェチェント

  • 反戦映画「明日へ ―戦争は罪悪である―」トークイベント付上映会 イベント画像1



実在の僧侶・竹中彰元をモデルに、第二次世界大戦下、生涯を通して反戦を訴え続けた杉原良善の姿を、落語家志望の少年の目線から描いた力作『明日へ
―戦争は罪悪である―』。



TVを中心に活躍する藤嘉行監督が、私財を投じてまで描きたかった良善の言葉は、今の日本人に贈るメッセージとして、観る者の胸を熱くさせることでしょう。



今回の上映では初日と最終日をスペシャルイベントとして開催。



初日810日には本編上映後、藤嘉行監督、脚本家・土屋保文さん、そして物語の狂言回し的な老落語家を演じた岡本富士太さん、監督の熱意に共鳴し、特別出演された名バイプレイヤー小倉一郎さんをゲストにお招きしてのロングトークショーを行います。



戦後74年を経た今、多くの人たちが戦争の悲惨さを忘れかけている中で、「戦争は罪悪である」と断ずる作り手たちの想いを存分にお話しいただきます。



今年の終戦記念日にはこの『明日へ ―戦争は罪悪である―』をぜひご覧下さい!!



 



上映作品



『明日へ戦争は罪悪である―』



2017年 BD カラー 99分)



監督:藤嘉行



脚本:土屋保文



撮影:瀬川龍



音楽:遠藤浩二



出演:中原丈雄 小倉レイ 小倉一郎 上條恒彦 岡本富士太



あらすじ:老落語家、金山亭我楽は、安保法案反対のデモに参加しようとして介護士の葛西由希奈に止められる。「師匠、戦争なんて起きないってテレビで言ってましたよ」「他人の意見に流されるな!自分の頭で考えろ」我楽は由希奈を叱り、子供の頃、噺家への道を開けてくれた僧侶の杉原良善について話し始める。日中戦争から太平洋戦争に向かう中、戦争推進を説いていた良善は、ある日突如「戦争は罪悪で人類の敵」と態度を変えた。良善に何があったのか・・・。



公式サイト:https://eiga-ashitae.com/



 



開催日



810日(土)



 



タイムテーブル



1430分~『明日へ ―戦争は罪悪である―』上映



1610分~休憩



1620分~トークショー ゲスト:藤嘉行監督、岡本富士太さん、小倉一郎さん、土屋保文さん 



1750分~サイン会



1830分頃終演予定



終演後、ゲストを囲んでの懇親会あり(要別途会費)、懇親会中撮影会あり



 



料金 前売4000円 当日4500円 懇親会費4000




コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/7/25(木) 09:00~

2019/8/9(金) 23:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

8/10 『明日へ』上映会

4,000円

8/10 『明日へ』上映会懇親会込

8,000円

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

主催者のFacebookページ

お問い合わせ先

メールアドレス

info@cinema1900.yokohama

電話番号

045-548-8712

15時~19時

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ