第32回折り紙の科学・数学・教育研究集会

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

第32回折り紙の科学・数学・教育研究集会

2022/6/18(土) 10:00~2022/6/18(土) 17:30



開催:6/18(土) 10:00~17:30

研究集会について

折り紙の研究は、歴史、数学、工学、計算機科学、教育などの分野と結びついて、学際的な(学問の分野を越えた)広がりを持っています。日本折紙学会では、広く各分野の研究者と連携し、定期的に研究集会を開催しています。

研究集会の成果は、機関誌『折紙探偵団』の記事、会員特別配布資料、論文集『折り紙の科学』に反映されます。

「折り紙の科学・数学・教育研究集会」という長い名前は、1989年に物理学者・故藤田文章氏の提案により始まり、2018年までに不定期に合計7回行われた国際会議の名称にちなんでいます。(同会議は、第3回以降「The International Meeting of Origami Science, Math, and Education」(折り紙の科学・数学・教育国際会議)という名称となっています) なお、ここでの「科学」は自然科学に限られるものではなく、歴史研究などの人文科学研究も含まれています。


概要

日時
2022年6月18日(土)10:00-17:30(休憩あり)
プラットフォーム
ZOOMで行います。参加者には後日メールでURLを通知いたします。
主催
日本折紙学会(連絡先:webman@origami.jp)


プログラム
より詳細なプログラムはこちら

10:00-10:05会の進めかたなど
10:05-10:35
共通展開図の非存在性証明のための離散的アプローチ鎌田斗南、et al.
10:35-11:05一次元折り紙の計算複雑性と電子署名方式への応用
芳師渡淳之介、et al.
11:05-11:35回転対称な折り紙の多面体への適用とヒダの縮小について
土井護
11:35-11:45ドラゴン曲線を折る(ワークショップ)
三谷純

11:45-12:05繰り返し折る折り紙
三谷純
12:05-13:00昼休み
13:00-13:15単頂点展開図の平坦折り畳み可能性を満たすような折り線補間
大内 康治、et al.
13:15-13:45地図折り操作の行列表現
賈伊陽
13:45-14:05三角形のねじり折りによる平坦折り可能な展開図の再構成
山本陽平、et al.
14:05-14:25五芒星の底面をもつピラミッドとその展開図
奈良知惠、et al.
14:25-14:45一般化RESパラメトリック設計技法
宮本好信
14:45-15:15カレイドサイクルを連結して作る変身立体構造その2(含・ワークショップ)
天童智也、et al.
15:15-15:20休憩
15:20-15:40折り紙作品の折り線に関する教材開発
烏山凌輔
15:40-16:00折り紙普及団体の活動が成人のキャリアデザインに与える影響に関する一考察
松浦英子
16:00-16:20正四面体の測地線折り
西本清里、et al.
16:20-16:40複雑な折り紙支援のための折り紙シミュレータ開発
鈴木成也、et al.
16:40-17:00放射状の巴型パターンを用いたコンプライアントな折りヒンジ構造
LEE Munkyun、et al.
17:00-17:103次元折紙テセレーションの群構造
須藤海、et al.
17:10-17:30飛び入り発表など




コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2022/6/5(日) 15:00~

2022/6/18(土) 15:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

一般参加

1,000円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

webman@origami.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ