2019年の推し本はコレ! 目利き書店員が本音で語る、愛と辛口にあふれた選評会! in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 本、ゲーム、アニメ

2019年の推し本はコレ! 目利き書店員が本音で語る、愛と辛口にあふれた選評会!

2019/12/4(水) 19:00~2019/12/4(水) 20:00

イベント受付開始時間 2019/12/4(水) 18:30~

la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko

  • 2019年の推し本はコレ! 目利き書店員が本音で語る、愛と辛口にあふれた選評会! イベント画像1


 
 平成が終わり、令和になった2019年。日本にとって歴史に残る年も、残すところあとわずかとなりました。
 その年の瀬に、昨年はじめて開催し大好評だったイベントを再び行うことが決定! 本読みのプロである有名書店員さんたちをお招きし、今年刊行された本について縦横無尽に語り合っていただきます。
 昨年は「良いもイマイチも含め、とことん本音でお話しいただきます」という案内文の通り、会場限定のきわどい話も! お薦め本に対する書店員さんの熱い思いをたっぷりと聴けて、読書欲が一気に高まった最高のイベントとなりました。
 また、お薦め本の1冊にあった『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ著)は、その後2019年の本屋大賞を受賞。今年もカリスマ書店員たちの選書センスにご期待ください!

*会場では、この日話題にあがる予定の書籍を販売いたします。トークを聞いて「読みたい」と思われた本など、お1人様1冊以上必ずお買い求めください。書籍はトーク終了後も20時半まで販売いたします。


※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。

※開場は開演の30分前です。

******************************
登壇者プロフィール

・新井見枝香(あらい・みえか)
1980年生まれ、東京都出身。HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEに勤める。作家とのトークイベント「新井ナイト」や、独自の文学賞「新井賞」を設立。最新著書は『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』。

・内田俊明(うちだ・としあき)
1969年生まれ、島根県奥出雲町出身。1991年から八重洲ブックセンターに勤務。現在は営業部でイベントを担当。20世紀の映画が好き

・竹田勇生(たけだ・ゆうき)
1980年生まれ、兵庫県川西市出身。紀伊國屋書店西武渋谷店店長。新宿南店勤務時から文芸書担当を務め、その書評や帯コメントには定評がある。独自の熱いメッセージを込めた手描きパネルで、今日も売場を賑わせている。

・花田菜々子(はなだ・ななこ)
1979年生まれ、東京都出身。HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE店長。著書『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』が「ダ・ヴィンチ」のプラチナ本に選ばれるなど話題に。


予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

入場料(この他、会場でお1人さま1冊以上書籍をご購入ください)

500円予定枚数終了

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

sokoinfo@shinchosha.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ