小池博史×今福龍太「舞台芸術とはなにか?」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

小池博史×今福龍太「舞台芸術とはなにか?」

『新・舞台芸術論――21世紀風姿花伝』(水声社)刊行記念

2018/1/11(木) 19:00~2018/1/11(木) 21:00

イベント受付開始時間 2018/1/11(木) 18:30~

本屋B&B

  • 小池博史×今福龍太「舞台芸術とはなにか?」 イベント画像1

※新店舗(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)での開催となります。ご注意ください
http://bookandbeer.com/news/reopen/


日本のアート界において、「パパ・タラフマラ」を凌ぐパフォーマンス・カンパニーはいまだに現れていない、と言われています。

その「パパ・タラフマラ」を1982年から率い、独自の手法で次々と新しい舞台芸術を制作しつづけながら、世界的な知名度を得てきた小池博史さん。

その小池さんの初の本格的な「舞台芸術」についての単著が、水声社から発売されました。

演劇論でもなく、舞踊論でもない、世界的に見ても類例のない「舞台芸術」そのものに焦点を当てたまったく新しい画期的な本です。

現代における「風姿花伝」、『新・舞台芸術論』の刊行を記念して、旧知の仲である文化人類学者の今福龍太さんとともに、この本のもっとも本質的な問いである「舞台芸術とはなにか?」について、熱く語り合っていただきます。

「舞台」に興味のある方はもちろんのこと、それ以外のクリエイターにとっても、とても刺激的で示唆的なトークイベントです。

どうぞ楽しみにいらっしゃってください。
ご来場お待ちしています。



小池博史(こいけ・ひろし)
舞台演出家。1982年から2012年まで「パパ・タラフマラ」、以降「小池博史ブリッジプロジェクト」を主宰。これまでに70作品を創作し、40カ国で上演。おもな著書に『ロンググッドバイ――パパ・タラフマラとその時代』(青幻舎)、『からだのこえをきく』(新潮社)がある。

今福龍太(いまふく・りゅうた)
文化人類学者・批評家。奄美自由大学主宰。おもな著書に『書物変身譚』(新潮社)、『ハーフ・ブリード』(河出書房新社)、『クレオール主義 パルティータ』『群島-世界論 パルティータ』『隠すことの叡智 パルティータ』『ボーダー・クロニクルズ パルティータ』『ないものがある世界 パルティータ』(以上、水声社)などがある。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2017/12/19(火) 14:00~

2018/1/11(木) 16:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ