Chee Shimizu×廣瀬豊×木村銀次×服部健「音楽の秘境を巡って〜耳で考えるOBSCURE SOUNDの世界〜」 in東京

  1. TOP
  2. その他

Chee Shimizu×廣瀬豊×木村銀次×服部健「音楽の秘境を巡って〜耳で考えるOBSCURE SOUNDの世界〜」

『OBSCURE SOUND REVISED EDITION』出版記念

2020/3/1(日) 19:00~2020/3/1(日) 21:00

イベント受付開始時間 2020/3/1(日) 18:30~

本屋B&B

  • Chee Shimizu×廣瀬豊×木村銀次×服部健「音楽の秘境を巡って〜耳で考えるOBSCURE SOUNDの世界〜」 イベント画像1

  • Chee Shimizu×廣瀬豊×木村銀次×服部健「音楽の秘境を巡って〜耳で考えるOBSCURE SOUNDの世界〜」 イベント画像2

2013年に発売後、未知なる音世界へと誘う新感覚ディスクガイドとして中古レコード市場を中心にじわじわと反響を呼び、メーカー在庫切れ後はプレミア価格で取引されてきたChee Shimizu・著『obscure sound 桃源郷的音盤640選』の大増補改訂版が2/21にリットーミュージックから発売されます。その出版を記念して、2部構成によるトークイベントを開催します。

第一部はガイドブックの概要に加えて、アートワークを担当した木村銀次さん、編集担当の服部健さんを交えた制作裏話を。
第二部では、オリジナル版『obscure sound 桃源郷的音盤640選』でもいち早く取り上げられていた、ミサワホーム総合研究所サウンドデザイン室企画の環境音楽名盤『Soundscape2:Nova』(1986)の作者、廣瀬豊さんをお迎えして。環境音楽、アール・ヴィヴァンやサウンド・プロセス・デザインをはじめとする80年代当時の音楽シーンにまつわるあれこれや、昨年スイスのレーベルWRWTFWW Recordsから『Nova+4』として再発された経緯と『+4』について_そして今、それぞれの耳を通じて考えるサウンドスケープ観など、音を巡る対談が実現。

「和モノ」と呼ばれるような、海外からも注目を集める日本のレコードから、ニューエイジ/アンビエントやエクスペリメンタル・ミュージックの世界的再評価の源流の一つでもありながら、あくまで記号的な消費を避け、自身の耳でそれを判断・表現してきた著者と、古今様々な要人たちが語らう貴重な一夜。 司会は本屋B&Bの松村が努めます。

また当日、B&B店内にて、Chee Shimizu氏が運営するレコードショップ”Organic Music”と、廣瀬豊氏とも縁の深い山梨・甲府のオンライン美術古書店”telescope@art”が一日限定のPOP-UP SHOPとして出店します。POP-UP SHOPは入場無料ですので、どなた様もお気軽にご参加下さい。

コメント

現在申し込み停止中です

販売
期間

2020/2/3(月) 20:00~

2020/3/1(日) 16:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink(税別)

2,200円

Web配信 1500 ticket

1,650円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ