鷹野凌「表現とアイデアの境界線とは?」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

鷹野凌「表現とアイデアの境界線とは?」

『インディーズの護身術 —表現とアイデアを分ける著作権のツボ—』(ボイジャー) 刊行記念

2016/6/6(月) 20:00~2016/6/6(月) 22:00

イベント受付開始時間 2016/6/6(月) 19:30~

本屋B&B

  • 鷹野凌「表現とアイデアの境界線とは?」 イベント画像1

ボイジャーから5月13日に『インディーズの護身術 —表現とアイデアを分ける著作権のツボ—』が出版されました。本書は、昨年12月19日に東京・渋谷で行われたNPO法人日本独立作家同盟主催講演「インディーズ作家が知っておくべき権利や法律を教わってきました」をまとめたものです。 

講演の第1部は、NPO法人日本独立作家同盟理事長の鷹野凌氏が「攻めの著作権」をテーマに、表現とアイデアの境界はどの辺りにあるのか? 他人の権利を侵害しないようにするにはどうすれば? などを解説。第2部は、知的財産権分野の第一人者である福井健策弁護士をゲストに迎え、TPPで著作権法が変わったら創作活動にどのような影響があるのか? を探りました。 

「優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む。」というパブロ・ピカソの言葉のとおり、すべての創作活動はまねるところが始まりです。ただし、行き過ぎは炎上の元! どこまでならば、他人の作品や文章をまねてよいのでしょうか? 

今回の刊行記念イベントでは、講演当日と同じく鷹野凌氏が福井健策弁護士をゲストにむかえ、表現とアイディアの境界などについて語り合います。

【出演者プロフィール】 
鷹野凌(たかの・りょう)
NPO法人日本独立作家同盟理事長。フリーライター。実践女子短期大学非常勤講師。アイティメディア、ダ・ヴィンチニュース、INTERNET Watch、マガジン航などのWebメディアを中心に、著作権やセルフパブリッシング、電子出版、書評などの記事を数多く執筆。著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス)。
ブログ「見て歩く者」:http://www.wildhawkfield.com/  

福井健策(ふくい・けんさく)
弁護士・ニューヨーク州弁護士。1991年東京大学法学部卒業。1993年弁護士登録(第二東京弁護士会)。骨董通り法律事務所代表パートナー、日本大学芸術学部客員教授、国会図書館審議会・文化庁などの委員、「本の未来基金」理事、think C世話人、東京芸術大学兼任講師などを務める。著書に『18歳の著作権入門』(ちくまプリマー新書)、『著作権とは何か』『著作権の世紀』(集英社新書)など多数。
http://www.kottolaw.com/
Twitter: @fukuikensaku

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/5/18(水) 21:00~

2016/6/6(月) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ