「『パンクチュエーションのひみつ』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#16) in大阪

  1. TOP
  2. セミナー、ビジネス

「『パンクチュエーションのひみつ』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#16)

講師:深井裕美子 協力:「大阪でもレッスン」招致事務局

2019/11/30(土) 12:00~2019/11/30(土) 16:00

イベント受付開始時間 2019/11/30(土) 11:30~

神戸大学学友会大阪クラブ セミナールーム(最寄り駅:大阪・梅田・西梅田)

  • 「『パンクチュエーションのひみつ』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#16) イベント画像1

  • 「『パンクチュエーションのひみつ』 in 大阪」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#16) イベント画像2

2019年4月6日に東京で開催した「カンマとコロンとセミコロン~パンクチュエーションのひみつ~」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#12)を、大阪で「再演」します。


深井講師のメッセージです。

英文のパンクチュエーション(句読法)を読みこなし、使い分けるのは、翻訳者に必須のスキルです。英日翻訳では、記号を無視したり、日本語の似た記号に自動的に置き換えることをせず、しっかりと意味を読み取って訳文に反映させる必要があります。また日英翻訳では、ルールに叶った、正しい記号を使わなければ、プロの書いた知的な文章とは認められません。

かように大切であるにも関わらず、パンクチュエーションをきちんと整理したり学習したりする機会はこれまであまりありませんでした。そこで翻訳フォーラムでは2019年4月に句読点や記号の種類、使い分けを例文とともに紹介する「レッスン」を開催しました。おかげさまで大勢のご参加をいただきましたので、このたび大阪で「再演」する運びとなりました。

今回の「レッスン」では、たとえば、このような事柄について考えます。

☆以下の文の意味の違いは何でしょう。どのように訳し分けたら良いでしょう。
My heroes are my parents, Superman and Wonder Woman.
My heroes are my parents, Superman, and Wonder Woman.

Twenty five-dollar bills.
Twenty-five dollar bills.

I'm sorry I love you.
I'm sorry; I love you.

I got this from Mom.
I got this from "Mom."

A woman without her man is nothing.
A woman: without her, man is nothing.

☆この文章を正しい句読法に直すにはどうすればよいでしょうか。
his name is vincent spaulding and hes not such a youth either its hard to say his age i should not wish a smarter assistant mr holmes and i know very well that he could better himself and earn twice what i am able to give him but after all if he is satisfied why should i put ideas in his head

参考になる書籍やサイトもご紹介する予定です。学習者、初心者はもちろん、ベテランの方も、今一度パンクチュエーションについて確認してみませんか。

講師:深井裕美子
協力:「『大阪でもレッスン』招致事務局」
定員:30名程度
※今回は「直前枠」受付はございません。


※講義開始は12:00、受付開始は11:30ですが、会場は11:00から開放しますので、お弁当等を持参して召し上がっていただくこともできます。ゴミは必ずお持ち帰りください。
※講義中は飲み物をお飲み下さって構いません。同じ階に自販機、地下2Fにはコンビニがありますので、事前に各自ご購入ください(会場内に常備されている飲み物は利用できません)。
-------------------------
2019/4/6 参加者アンケートより

  • 句読記号についてこれまできちんと認識しておらず、前後の文脈などから類推していたように思います。
  • 練習問題を解き、解説や質疑応答を聞くことで、句読法以外の弱点も認識できたことが大きな収穫でした。
  • 練習問題をやって、自分の英語力を過信していていたことに気づきました。先生はもちろん、受講生も熱心だったので、刺激になりました。
  • 去年のシンポジウムで拝聴してから意識するようになったものの、まだまだ理解が不足していると感じました。ご紹介いただいた本を取り寄せて、迷いなく使えるようになりたいです。
  • ご紹介いただいた書籍と「句読法エクササイズ」を日頃のトレーニングに加え、復習したいと思います。原文や英文の資料を読む際に解釈に迷うことがあったのですが、各記号の役割や意味を学んだことで、今後はその迷いが減り、これまでよりも根拠を持って訳出できるようになると思います。すぐにマスターするのは難しいですが、一歩ずつ前進していきたいと思います。
  • 今まで「英語を使う人は記号が好きなのかな」とか、「ちょっと横着なんじゃないか」と漠然と思っていたのですが、そういう目で見ると、また英語が違って見えてきました。(前より生き生きして見えるというか…)ささいなことでも、自分の意識を変えることで、英語がより身近に感じるようになるのだと思いました。
  • これまで、「なんとなく」「わかっているつもり」で処理してしまっていたパンクチュエーションを、これからははっきり意識し、ちゃんと説明できるように処理して、訳文に活かすようにしたいと考えています。


「大阪でもレッスン」招致事務局・無期限「臨時」スタッフのSayoさんが、ブログ記事も書いてくださいました。
東京の回に参加されたときのレポート

みなさまのお申し込みをお待ちしております。

※招致事務局より懇親会のご案内
勉強会後、出席者を対象に懇親会を開催します。
場所:セミナー会場近く
時間:17時~2時間程度
予算:5000円程度(多少前後する可能性があります)

セミナー申し込みのフォームに懇親会への出席の有無をお尋ねする項目があります。申し込み時点の予定で結構ですので、興味のある方はチェックを入れ、osaka-lesson@studiokoala.comからのメールが受け取れるようにしておいてください。後日、事務局からメールで詳細案内をお送りします。

懇親会についてのお問い合わせは翻訳フォーラムではなく、招致事務局へお願いいたします。事務局では毎日対応することが難しく、タイミングによって、最長で1週間程度ご連絡ができない場合があります。ご容赦ください。

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

「『パンクチュエーションのひみつ』 in 大阪」

5,000円予定枚数終了

販売条件

※やむを得ない事情により直前に中止等の連絡をすることがありますので、お申込みの際にはご自分のメールアドレスが間違っていないか再度お確かめください。またpassmarket-master@mail.yahoo.co.jpからのメールが受信できるように設定をお願いします。

※誠に恐縮ですが、お支払いはクレジットカードのみとさせていただきます。

※申し込み後のキャンセルは受け付けられません。お知り合いに受講の権利をお譲りいただくことはできますが、受付でのトラブルを防ぐため、必ずおいでになる方のお名前とメールアドレスを事前にevents.fhonyaku@gmail.comまでお知らせください。

※キャンセル待ち制度はございません。

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

events.fhonyaku@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ