田房永子×清田隆之×小川たまか「キレる自分に気付いたときにどうする?」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

田房永子×清田隆之×小川たまか「キレる自分に気付いたときにどうする?」

『キレる私をやめたい~夫をグーで殴る妻をやめるまで~』(竹書房)刊行記念

2016/8/2(火) 20:00~2016/8/2(火) 22:00

イベント受付開始時間 2016/8/2(火) 19:30~

本屋B&B

  • 田房永子×清田隆之×小川たまか「キレる自分に気付いたときにどうする?」 イベント画像1

『母がしんどい』などの著作を持つ漫画家の田房永子さんが、 新刊『キレる私をやめたい~夫をグーで殴る妻をやめるまで~』を発売しました。 

田房さんが「これまで誰にも言えなかったテーマ」という「キレる私」について、 刊行記念イベントを行います。 

・頭に血がのぼってヒステリーをおこす
・後先考えずに物を投げたり、破壊したりしてしまう
・泣き叫んでわめき散らしてしまう
・つかみかかったり、ビンタや肩パンチをしてしまう
・思わず子供を叩いてしまう
・イライラして暴言を吐いてしまう
・怒りが抑えきれず、裸足で外に飛び出したことがある
 

……こんな経験がある人、こんな女性をパートナーに持つ人、ぜひ一緒に考えてみませんか。 

恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表の清田隆之さんと、ライターの小川たまかさんが田房さんにツッコみつつ、共感しつつ、「キレる」について根掘り葉掘り話を聞きます。

【出演者プロフィール】
田房永子(たぶさ・えいこ)

1978年、東京生まれ。母からの過干渉に悩み、その確執と葛藤を描いたコミックエッセイ『母がしんどい』(KADOKAWA / 中経出版)を2012年に発行。大きな反響を呼ぶ。その他の著書に『ママだって、人間』(河出書房新社)、『呪詛抜きダイエット』(大和書房)『それでも親子でいなきゃいけないの?』(秋田書店)などがある。

清田隆之(きよた・たかゆき)

桃山商事/代表。1980年、東京都生まれ。文筆業。恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。早稲田大学第一文学部卒。大学在学中にメンバーの佐藤広報・森田専務とともに桃山商事を立ち上げ、これまで1000人以上の悩み相談に乗る。現在はそれをコラムやラジオで紹介し、雑誌『精神看護』やwebメディア「messy」「日経ウーマンオンライン」などで連載。桃山商事名義の著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)がある。

小川たまか(おがわ・たまか)
1980年、東京都品川区生まれ。ライター/下北沢の編集プロダクション・プレスラボ取締役。大学院在学中にライター活動を開始。2008年から現職。主な執筆媒体はYahoo!ニュース個人、ダイヤモンドオンライン、ウートピ。興味分野は性暴力、教育、働き方、多様性。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/7/26(火) 19:00~

2016/8/2(火) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ