2021年お年玉 YouTube 配信『山口 葵 & 轟 かおり 1st JOINT GIG @ BACKSTAGE』

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 音楽、ライブ

2021年お年玉 YouTube 配信『山口 葵 & 轟 かおり 1st JOINT GIG @ BACKSTAGE』

2021/1/3(日) 20:00~2021/1/18(月) 00:00

  • 2021年お年玉 YouTube 配信『山口 葵 & 轟 かおり 1st JOINT GIG @ BACKSTAGE』 イベント画像1

2020年10月1日に、福岡市赤坂 BACKSTAGEにて開催された、
『山口葵&轟かおり 1st JOINT GIG』

当日は、25席限定ということもあり、早々にソールドアウト。
台風が迫る悪天候にも関わらず、店内は終始温かい雰囲気に満ち、
ライブは大成功に終わった。

 福岡のみならず、関東にも拠点を置き大活躍の山口葵と、
ジャズ、サルサと広く活動中の轟かおり。

同録された、二人の初のジョイントライブの模様を、
多くのご要望にお応えし、
1部、2部と余すところなくYouTubeにて公開いたします。

思い思いの場所で、どうぞごゆっくりお楽しみください!!

出演者
山口 葵 (vo)

福岡市出身。音楽好きの一家に生まれる。14歳から兄の影響でジャズを聴き始め、独学で学ぶ。オスカー・ピーターソンのピアノイントロを耳コピーするような子供時代。16歳で地元のビッグバンドと共演して以来、リアルなステージは1000箇所超、オーディエンスは累計23,000名を超える。16年間で1300名の後進を直接指導。
これまで4度の単身渡米、通算5枚のリーダーアルバムを全国発売。
NYのマンハッタン音楽院等で教鞭をとるNancy Marano氏に師事。
帰国後、世界的に活躍するピアニストBill Mays氏と2枚のCDを制作。
ジャズを出発点としシャンソンやラテン、「赤とんぼ」「子守唄メドレー」「ゴンドラの唄」など
日本の童謡・唱歌、訳詞も取り入れ、聴く者を一瞬で別の時空間に連れていく。
「初めて聴いた瞬間に涙があふれました」「素晴らしい構成!これぞ大人のライブ」「人生変わりました」など、聴く者の胸に宿る原風景を思い起こさせる低音域、倍音豊かな「声」で人々を魅了する。

轟 かおり(vo)

宗像市出身。2002年、友人に誘われて出演したライブイベントがきっかけで、音楽の楽しさ、歌を届ける喜びに目覚め、ボーカルを志す。
2003年の夏に福岡の老舗ジャズスポットNEW COMBOにて初ライブ、続いて、シーホークホテル&リゾートにてレギュラー出演。本格的に音楽活動を開始。その後、ミュージックシティ天神、中洲ジャズ等のイベントに多数出演。
2012年からはサルサバンド"Sakura y su Pinto con Pintura"に
メインボーカルとして参加、イベント等への出演、ライブ活動を展開。2014年4月、好評を博した市民ミュージカル『ASUKA』に歌唱指導、キャストとして参加するなど、活動のフィールドを拡げている。
同年4月、自身初となる、ギタリスト石川雄一氏とのデュオアルバム"Reflection"発表。
ジャズのスタイルを軸におくも、ジャンルにとらわれない様々なレパートリーを取り入れながら、 多方面で活躍中。

support pianist : 塚本 美樹
撮影・録音担当  :石川 雄一

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2020/12/15(火) 23:00~

2021/1/18(月) 00:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

『山口葵&轟かおり1st JOINT GIG』配信

1,000円

『山口葵&轟かおり1st JOINT GIG』配信★特典・CDプレゼント「陽はまた昇りまた沈む」(井上裕章pf+山口葵)

3,000円

『山口葵&轟かおり1st JOINT GIG』配信★特典・二人のスナップショット・お礼メッセージ

2,000円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

luvjaz@me.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ