荒木優太×吉川浩満「クリナメンズ作戦会議」 in東京

  1. TOP
  2. その他

荒木優太×吉川浩満「クリナメンズ作戦会議」

『仮説的偶然文学論』(月曜社)刊行記念

2018/7/7(土) 19:00~2018/7/7(土) 21:00

イベント受付開始時間 2018/7/7(土) 18:30~

本屋B&B

  • 荒木優太×吉川浩満「クリナメンズ作戦会議」 イベント画像1

古代ギリシャの原子論者は、物体をつくる最小単位の原子(アトム)が雨みたいに上から下へと同じ速度で垂直落下していたはずだ、と考えた。
けれども、それじゃ原子は他の原子と出会えずに物体になれない。

そこで、エピクロスという人は、落下する原子自体のなかに必然のコースから外れて傾く力、すなわちクリナメンがあるといって古い仮説を修正した。正規ルートから逸脱するからこそ偶然の出会いがある。
人生だって同じ。博打上等。レールに乗った将来なんて糞くらえ、盗んだバイクで走り出せ。

が、とはいえ、道を踏み外すのは恐ろしい。
できればみんな傾奇者(クリナメンズ)になんかなりたくない。

魅惑的でありながら恐ろしくもある偶然の傾きを的確にウェルカムするにはどうしたらいいのか?
『理不尽な進化――遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)にて進化を司る「偶発性」の容赦なさと、それに避けがたくくっついている人間の形而上学的感覚をえぐりだし、Twitterアカウントその名も@clnmnをもつ稀代の論客・吉川浩満さん。そんな吉川さんに、学界の傾奇者こと荒木優太さんが新刊『仮説的偶然文学論』(月曜社)を片手に立ち向かいます!

傾いて偏ってるヤツも傾いて偏ってないヤツも、乞うご期待。


【出演者プロフィール】
荒木優太(あらき・ゆうた)
1987年生まれ。在野研究者。専門は有島武郎。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。ウェブを中心に大学の外での研究活動を展開している。2015年、「反偶然の共生空間――愛と正義のジョン・ロールズ」が第59回群像新人評論賞優秀作となる。著書に『これからのエリック・ホッファーのために――在野研究者の生と心得』(東京書籍、2016年)、『貧しい出版者――政治と文学と紙の屑』(フィルムアート社、2017年;『小林多喜二と埴谷雄高』ブイツーソリューション、2013年の増補改題版)。

吉川浩満(よしかわ・ひろみつ)
1972年生まれ。文筆家。鳥取県米子市生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒業。国書刊行会、ヤフーを経て、現職。単著に『理不尽な進化――遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社、2014)。最近の訳書に山本貴光との共訳、メアリー・セットガスト 『先史学者プラトン――紀元前一万年―五千年の神話と考古学』(朝日出版社、2018)。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2018/5/25(金) 15:00~

2018/7/7(土) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ