ALE14 6/4 恵比寿アクトスクエア in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

ALE14 6/4 恵比寿アクトスクエア

スマホチケットは発券手数料なし

2018/6/4(月) 19:00~2018/6/4(月) 21:00

恵比寿アクトスクエア

  • ALE14 6/4 恵比寿アクトスクエア イベント画像1

ALE14(エイル・フォーティーン)は、スポーツを言語化するプレゼンショーです。

言語化することは、論理化することです。

そうすることで、感覚的に伝えられていた技術論も、その再現性が高まります。

言語化で、経験を財産に。

言葉のチカラが、スポーツの未来を変えます。

公式ホームページ http://ale14.com/

   

 【実施概要】

日時:2018年6月4(水) OPEN 18:30 START 19:00 CLOSE 21:00(予定)

場所:恵比寿アクトスクエア(東京都渋谷区恵比寿4-19-19)

参加料※フリーフード・フリードリンク含む
一般 5,000円(税込) 
サポーター 4,000円(税込)

※サポーター価格でご参加いただくには、メールアドレスをご登録いただきます。
後日メールにて、パスマーケットで使用できる割引コードをお送りいたします。
今年から始まる新しいサポーター制度になりますので、昨年登録いただいた方も改めて下記URLからご登録ください。
http://ale14.com/supporter/

【特別テーマ】

「サッカーを科学する男 × 野球を科学する男」

[プレゼンター]

尾崎 宏樹 博士(工学)/国立スポーツ科学センター(JISS)研究員

スポーツバイオメカニクスの専門家で、シンガポールスポーツ研究所に3年間在籍。

ロンドンオリンピックでは、日本卓球史上初の銀メダルを獲得した卓球女子ナショナルチームをサポート。

現在、JISSでは、東京オリンピックでのメダル獲得に向け、卓球のほか、バレーボール、空手、バドミントン、パラスポーツなど様々な競技のサポートをマネジメントしている。

また、スポーツバイオメカニストとして、様々な競技のスイング動作のメカニズムを解析しており、自ら競技経験のあるサッカー、フットサルのキック動作の研究には特に注力している。

隠しきれないシンガポール訛り英語スピーカー。

座右の銘は「In the middle of difficulty lies opportunity」(困難の中にこそチャンスはある)。

神事 努 博士(体育学) /國學院大學人間開発学部健康体育学科 准教授

バイオメカニクスを専攻し、中京大学大学院にて博士号(体育学)を取得。
国立スポーツ科学センター、国際武道大学を経て、現職。

投手の動作解析を中心とした研究で、第18回日本バイオメカニクス学会奨励賞、第55回東海体育学会奨励賞、日本バイオメカニクス学会優秀論文賞、秩父宮記念スポーツ医・科学賞奨励賞を受賞。

北京オリンピックでは、金メダルを獲得した女子ソフトボール代表チームをサポートした。2016年まで東北楽天ゴールデンイーグルスの戦略室R&Dグループに所属し、スポーツ科学を使ったチームの強化を推進した。現在は株式会社ネクストベースの主任研究員も務める。

近年、メジャーリーグのデータ革命が話題となっているが、その分野における国内第一人者。

座右の銘は「常識を疑え」。

[ナビゲーター]

中西哲生

中西 哲生(スポーツジャーナリスト/サッカー解説者)


[お問い合わせ先]

ALE14運営事務局:ale14@tiesbrick.co.jp


チケット販売期間外です

販売
期間

2018/5/9(水) 15:00~

2018/6/4(月) 19:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

ALE14  6/4 恵比寿アクトスクエア

5,000円

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

ale14@tiesbrick.co.jp

電話番号

03-6455-4452

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ