野村美丘×堀道広「漆と漫画で二足のわらじははけるのか」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

野村美丘×堀道広「漆と漫画で二足のわらじははけるのか」

『わたしをひらくしごと』(アノニマスタジオ)刊行記念

2019/3/10(日) 15:00~2019/3/10(日) 17:00

イベント受付開始時間 2019/3/10(日) 14:30~

本屋B&B

  • 野村美丘×堀道広「漆と漫画で二足のわらじははけるのか」 イベント画像1

花屋、革職人、獣医師、ダンサー、デザイナー、冒険家・・・
他の誰とも似ていない仕事・働き方をしている、「肩書き=自分自身」という15人のインタビュー集『わたしをひらくしごと』がアノニマスタジオから刊行されました。

本書は、フリー編集者・ライターとして活躍している野村美丘さんが、
これまでに出会った、唯一無二でオリジナルな仕事を創りあげている人たちに、それまでの道のりや仕事についての思いを取材したインタビューをまとめた1冊です。

このたび刊行を記念して、著者の野村美丘さんと、ゲストに堀道広さんをお迎えしてトークイベントを開催いたします。

自分と仕事の関係を見つめ直したい人、人生をひらく仕事について考えたい人、刺激をうけたり、共感を得たりする時間になると思います。
ぜひお気軽にお越しください。

【出演者プロフィール】
・野村美丘(のむら・みっく)
1974年、東京都出身。明星学園高校、東京造形大学卒業。『スタジオ・ボイス』『流行通信』の広告営業、デザイン関連会社で書籍の編集を経て、現在はフリーランスのインタビュー、執筆、編集業。文化、意匠、食、旅、犬猫、心と体、ルーツなど、自分の生活と興味の延長上をフィールドに公私混同で活動中。本書の撮影はカメラマンである夫が担当。

・堀道広(ほり・みちひろ)
1975年 富山生まれ。石川県立輪島漆芸技術研修所卒。’98年『月刊漫画ガロ』でデビュー。漆職人として勤める傍ら漫画の持ち込みを続け、03年第5回アックス漫画新人賞佳作。以来、特徴ある絵柄で注目を集めている。また、漫画の仕事と平行して「金継ぎ部」を主宰。金継ぎによる器と漆器の修理、漆の小物製作を手がけている。


コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/2/12(火) 15:00~

2019/3/10(日) 12:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ