レガシーコード改善勉強会 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

レガシーコード改善勉強会

レガシーコード改善のテクニックを学び、共有し、発展させましょう。

2014/9/27(土) 11:50~2014/9/27(土) 18:30

アークヒルズ サウスタワー 14 階

  • レガシーコード改善勉強会 イベント画像1

  • レガシーコード改善勉強会 イベント画像2

2014/9/8 17:37 追加

<主催>
ヤフー株式会社 ウルシステムズ株式会社

<開催日>
9/27(土)

<イベントの概要>
「影響範囲が不明で修正したらデグレ頻発」「そもそも正しい仕様を知っている人が居ない」「システムのブラックボックス化が留まる所をしらない」
こんな不条理なレガシーコード(テストコードが無いコード)と日々戦うエンジニアも多いことと思います。
今あるレガシーコードをどうやって保守・改善していけばよいのか、皆さんで一緒に理解を深めませんか?
<この勉強会で学べること>
・テストコードが無いコードに、テストコードを埋める基本的なテクニック
・PHPの様なLLスクリプトで作られたレガシーコードを安全にメンテナンスする方法
・テストコードとはどのよう書くべきか
・テストコードがある事によって実現されること
「レガシーコード改善ガイド」翻訳者他、登壇者達の講演内容にも注目!!是非お気軽に足をお運び下さい。

<開催趣旨・目的>
テストコードが無いプロダクションコードをレガシーコードと定義し、
テストコードによって保護され、継続的にサービスを安定運用可能な状態へ移行するためのパターンが既に発表されています。(翔泳社 レガシーコード改善ガイド)
これらのノウハウはJava/C++等のコンパル言語を想定しており、Web業界で多用されるPHPなどの軽量言語で作られたプロダクトは想定外である事も多いのが実情です。
そこで、ヤフーは上記の本の翻訳を行なったウルシステムズ株式会社と共同で、PHPを対象としたレガシーコードの改善テクニックの検討を進めています
検討の結果得られたPHPのレガシーコードの改善パターンを、周辺技術領域と合わせて、広く公開する事でLL言語におけるレガシーコード改善のテクニックの発
展を目指します。

<開催場所>
ヤフー株式会社(六本木 アークヒルズ)
東京都港区六本木 1-4-5 アークヒルズ サウスタワー 14 階
ミッドタウンではありません。ご注意下さい
【アクセス】
・南北線「六本木一丁目駅」より徒歩 1 分
・南北線、銀座線「溜池山王駅」より徒歩 6 分
・日比谷線「神谷町駅」 4 番出口より徒歩 10 分

<プログラム>
===========================================
Opening (11:50 - 12:00)
開会あいさつ、開催趣旨の説明

セッション1「レガシーコード改善のススメ」(12:00 - 12:45)
登壇者:稲葉 信之
ウルシステムズ株式会社にて技術コンサルタントとして活躍しており、
レガシーコード改善ガイド(翔泳社)の翻訳者の一人。
レガシーコードについて高い課題意識を持ち、社内でも第一人者として認知され、牽引役でもある。

セッション2「テスト、リファクタリングに関する深い方法論」(12:50 - 13:35)
登壇者:きょん
開発環境改善という大きなテーマの中で現在はソフトウェアテストアーキテクトとして活動しており、ソフトウェアテスト、TDD、SCMなどの講演や記事執筆をしている。特にソフトウェア工学とTDDのオタクであり、仕事ではGroovyとF# を使いつつ、CoqやDbCやAlloyを仕事に入れることをたくらんでいる。
参照URL等:ブログ- http://kyon-mm.hatenablog.com/

セッション3「レガシーコードとの付き合い方と、そのテストでの話」(13:50 - 14:35)
登壇者:goyoki
医療機器や自動車の組み込み開発・テストにおいて、コンサルタントや技術支援に従事しています。最近はテストが主な仕事です。
参照URL:http://goyoki.hatenablog.com/ 

セッション4「納品のない受託開発を支える、レガシーコードを作らない仕組み」(14:40 - 15:25)
登壇者 西見 公宏
西見 公宏(にしみ まさひろ)
株式会社ソニックガーデンにてビジネスプログラマーとして従事。「納品のない受託開発」で数々の新規サービスを手がける。主にRuby on Railsを利用した開発を行っているが、サーバサイドよりはフロントエンドの方が好み。自社サービスではコードレビューを中心とした人材育成サービスを担当している。
・参照URL
ブログ:http://blog.mah-lab.com/

セッション5「レガシーコードを改善した先にあるもの、それは継続的インテグレーション」(15:40 - 16:25)
登壇者:佐藤聖規(さとうまさのり)
Javaのパフォーマンス・トラブルシュートの社内支援業に従事し、某社アーキテクトとして全社ITインフラ基盤を構築した後、
現在はクラウドやアジャイルなどをキーワードにソフトウェア生産技術の研究開発に従事しています。
Jenkins実践入門など書籍・記事執筆、アジャイルアカデミー Jenkins Boot Camp講師などの講演、Jenkinsユーザ会スタッフ/neat.などコミュニティ活動もこなしています。
・参照URL等
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/lino/
Twitter:https://twitter.com/lino_s
Facebook: https://www.facebook.com/lino.masanori.satoh

セッション6「PHP版レガシーコード改善に役立つ新パターン」(16:30 - 17:15)
登壇者:佐藤 裕司
ヤフー株式会社にてトップページの開発に従事。様々な開発方法論の日々挑戦しながら、第一線のエンジニアとして社内でも活躍。
レガシーコードの開発運用に課題意識をもつ機会があり、現在PHPのレガシーコード改善について独自の方法論を研究、検討している。

セッション7「レガシーコード改善の戦略と戦術」(17:30 - 18:15)
登壇者:和田 卓人
タワーズ・クエスト株式会社 取締役社長、プログラマ、テスト駆動開発者。
学生時代にソフトウェア工学を学び、オブジェクト指向分析/設計に傾倒。その後様々な縁に導かれソフトウェアパターンやXP(eXtreme
Programming)を実践する人たちと出会い、後のテスト駆動開発の誕生を知る。テスト駆動開発によって「完璧主義の呪い(完璧な設計を得るまではコードを書けないし良いシステムも出来ないという強迫観念)」から解かれてからは、文章や講演、ハンズオンイベント等を通じてテスト駆動開発の啓蒙に努めている。今日もグリーンバンド(テスト駆動開発者の証)を左手に着け、テストと共にコードを書いている。『プログラマが知るべき97のこと』『SQLアンチパターン』(オライリージャパン)監修。
・参照URL
http://github.com/twada
http://twitter.com/t_wada
http://t-wada.hatenablog.jp/
http://www.facebook.com/twada

Closing (18:15~)
閉会のあいさつ
===========================================


※以降は古い情報になります。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2014/8/20(水) 12:00~

2014/9/27(土) 18:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

懇親会チケット(会費4000円程度 別途集金)

無料

レガシーコード改善勉強会 参加チケット

予定枚数終了

スマホ専用チケット

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ