影山裕樹×山本雅也×藤崎祥見『2017最新形ローカルコミュニティのあり方を、東京で考えてみる』 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

影山裕樹×山本雅也×藤崎祥見『2017最新形ローカルコミュニティのあり方を、東京で考えてみる』

編集者×事業家×事業家

2017/1/17(火) 19:00~2017/1/17(火) 21:00

イベント受付開始時間 2017/1/17(火) 18:30~

本屋 EDIT TOKYO

「東京を編集する」をコンセプトとして始まった本屋EDIT TOKYO、が突き詰めて考えた結果、東京も日本のローカルの一部じゃないか、という結論に達しました。

結局のところ大事な要素は、土地と人と食べ物。

この度、もっと東京を知るために、そしてもっと世界を知るために、ローカルコミュニティの2017年以後の可能性と魅力を語り尽くす夜を企画しました。
テーマは、「“食”דローカルコミュニティ”」。“食”をきっかけに、人がつながり、コミュニティが立ち上がるとは、どういうことなのか。

登壇いただくのは、著書『ローカルメディアのつくりかた』が現在話題の編集者、影山裕
氏と、料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をつなぐ仕組みを発明し、最近急成長中のWebサービス「KitchHike(キッチハイク)」の共同代表、山本雅也氏と藤崎祥見氏。


世界中からアクセスできるデジタルメディアに、ローカルコミュニティを変えていく力はあるのか?
コミュニティにおける“食”の役割は、なんなのか?
東京や地方に関係なく、地域を編集する「ローカルメディア」の役割とはなんなのか?

デジタルが世の中をフラットにした、と言われている今こそ、考えたいローカルコミュニティのポテンシャルと新しい兆しを語り尽くす2時間。

“食”×ローカルでビジネスを考えている方々のみならず、メディア関係者などなど・・・奮って参加してほしいイベントです。

<プロフィール>
影山裕樹 
1982年東京生まれ。雑誌編集部、出版社勤務を経て独立。アート/カルチャー書のプロデュース、ウェブサイトや広報誌の編集、展覧会やイベントの企画・ディレクションなど幅広く活動している。著書に『大人が作る秘密基地』(DU BOOKS)、『ローカルメディアのつくりかた』(学芸出版社)、共編著に『決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば』(スペースシャワーネットワーク)など。NPO法人 芸術公社、路上観察グループ「新しい骨董」などの活動も。


山本雅也
1985年 東京都出身
KitchHike 共同代表 / COO
大学卒業後、広告会社に務める。雑誌とインターネットの部署で新規事業の立ち上げ、企画提案を担当。退社後は、世界各国を周って人を訪ね、一緒に食卓を囲むフィールドワークを行う。趣味は、ビールづくりと自転車と庭。

藤崎祥見
1981年 熊本県出身
KitchHike 共同代表 / CTO
お寺生まれ。学生時代、世界中の人々が無償で1つのものを創り上げていくオープンソースコミュニティに仏教の世界観との共通点を見いだし、エンジニアとして活動をはじめる。KitchHikeのプロダクト開発責任者。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/12/19(月) 20:00~

2017/1/17(火) 18:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

2000 ticket

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますのであらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

edittokyo@bookandbeer.com

電話番号

03-6274-6892

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ