北原みのり×相川千尋「女性器について話そう!」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

北原みのり×相川千尋「女性器について話そう!」

『禁断の果実――女性の身体と性のタブー』(花伝社)刊行記念

2019/3/3(日) 19:00~2019/3/3(日) 21:00

イベント受付開始時間 2019/3/3(日) 18:30~

本屋B&B

  • 北原みのり×相川千尋「女性器について話そう!」 イベント画像1

マンガ『禁断の果実』が、花伝社からついに日本語で刊行されました。女性器・クリトリス・女性のオーガズム・生理について、多くの学術研究を引用しながら知られざる事実を紹介し、本国スウェーデンのみならず、フランス、ドイツなどヨーロッパで大ブームを巻き起こしている本書。刊行後は、日本でも「知らなかった!」という声が多く寄せられています。

本書の刊行を記念して、日本のフェミニズムについて著書も多く、日本初の女性だけで経営するアダルトグッズショップ「ラブピースクラブ」の経営者でもある北原みのり先生をお迎えし、ヨーロッパの性関係書籍に造詣が深い訳者の相川千尋先生と、本書について、そして女性が性を語ることについて、日欧両面から徹底的に語り尽くします!

【出演者プロフィール】
北原みのり(きたはら・みのり)
作家 1996年フェミニズムの視点でセックストイショップ「ラブピースクラブ」を設立。
フェミニズム、性に関する著者多数。「日本のフェミニズム」(河出書房新社)「毒婦。」(朝日新聞出版)「メロスのように走らない」(KKベストセラーズ)「性と国家」(河出書房新社)など

相川千尋(あいかわ・ちひろ)
『禁断の果実』訳者 1982年生まれ。仏和辞典編集を経てフランス語翻訳者に。共訳にトマ・ピケティ『格差と再分配――20世紀フランスの資本』(早川書房、2016年)、ジュリア・カジェ『なぜネット社会ほど権力の暴走を招くのか』(徳間書店、2015年)

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/2/10(日) 16:00~

2019/3/3(日) 15:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ