【オンライン】どこに帰属するのか―朝鮮籍と在日コリアンー『朝鮮籍とは何か―トランスナショナルの視点から』重版記念イベント

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、ビジネス

【オンライン】どこに帰属するのか―朝鮮籍と在日コリアンー『朝鮮籍とは何か―トランスナショナルの視点から』重版記念イベント

2021/4/2(金) 20:00~2021/4/2(金) 21:00

  • 【オンライン】どこに帰属するのか―朝鮮籍と在日コリアンー『朝鮮籍とは何か―トランスナショナルの視点から』重版記念イベント イベント画像1

  • 【オンライン】どこに帰属するのか―朝鮮籍と在日コリアンー『朝鮮籍とは何か―トランスナショナルの視点から』重版記念イベント イベント画像2


『朝鮮籍とは何か―トランスナショナルの視点から』を拝読し、お恥ずかしながらまさに誤解をしていた一人でした。さらに今年2月1日に刊行され、早くも重版決定したと聞き、関心の高さを知りました。

そこで一度きちんと解説をお聞きしたいと、編著者である李里花さんお招きし、お話を伺います。

<イベント内容>

朝鮮籍は国籍ではありません。帝国の時代に朝鮮半島から日本に「移住」した人びとを分類するために使われたカテゴリーでしたが、今日も使われています。なぜ70年以上も朝鮮籍は維持されたのでしょうか。そしてこのカテゴリーに分類された人たちはどこに帰属するのでしょうか。「朝鮮籍とは何か」「どこに帰属する人たちなのか」を考えることで、これからの東アジア地域で求められる帰属やアイデンティティについて考えていきたいと思います。


<プロフィール>

李里花(リ・リカ)

中央大学准教授。社会学博士。専門は、歴史社会学、移民研究、環太平洋地域研究。東京都立国際高等学校、中央大学総合政策学部卒業後、一橋大学大学院社会学研究科修士課程・博士課程修了。ハワイ大学コリアン研究センター客員研究員、韓国高麗大学アジア問題研究所コリアンディアスポラセンター客員研究員を歴任。現在日本移民学会理事・事務局長。主な研究に、『〈国がない〉ディアスポラの歴史:戦前のハワイにおけるコリア系移民のナショナリズムとアイデンティティ1903-1945』(かんよう出版、2015 年)等がある。自身は朝鮮籍ではなく、在日コリアンの母とコリアン・アメリカンの父の間で日米を往来しながら育った。


<イベント概要>

日 時:2021年4月2日(金)20:00~21:00
参加費:イベント参加券1500円/イベント参加券+書籍(送料、税込)4300円
定 員:30名

※『朝鮮籍とは何か―トランスナショナルの視点から』は送料割安のこちらからお買い求めいただけます
※イベント開催近くの購入場合には開催までにお届けできない場合もあります。あらかじめご了承ください
※イベントはオンライン会議システム「zoom」を活用して開催されます
※講座へのzoomのアクセス情報は、開催日前日と開催日当日17時までにお知らせします
※万が一受け取れなかった場合などは、チェッコリまでお問い合わせください


【お申込み方法と見逃し配信について】

お申込について
イベントのお申込みは、Yahoo! JAPANのデジタルチケット「Pass Market」のシステムを使用し、オンラインによる事前申込と連動したイベント代金前納(クレジット決済)をもって受付完了となります。

見逃し配信について
当日オンタイムでご覧いただけない方、当日急にキャンセルとなった方も含め、開催後、全員の方に録画データURLをお送りします。5日間有効の見逃し配信でご覧いただけます。


コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2021/3/7(日) 10:00~

2021/4/2(金) 15:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

イベント参加+書籍セット券(送料、税込)

4,300円

イベント参加券

1,500円

予定枚数終了

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

info@chekccori.tokyo

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ