えんがおを通して考える、地域包括ケアシステム ー地域で作業療法士ができることー (オンデマンド配信)

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、ビジネス

えんがおを通して考える、地域包括ケアシステム ー地域で作業療法士ができることー (オンデマンド配信)

一般社団法人 栃木県作業療法士会 学術部主催研修会

2022/12/22(木) 00:00~2023/1/11(水) 23:59

  • えんがおを通して考える、地域包括ケアシステム ー地域で作業療法士ができることー (オンデマンド配信) イベント画像1

9月20日(火)に行われた栃木県作業療法士会主催ZOOM研修会のオンデマンド配信となります。

 

配信期間:12月19日 ~ 1月9日23日まで

申込受付期間:12月16日 ~ 1月6日12:00まで

配信内容:下記参照ください。

※ 当研修会はオンデマンド配信であり、講師・参加者の双方向性が担保できない為、協会ポイントの配布はありませんのでご了承ください。


 えんがおを通して考える、地域包括ケアシステム

-作業療法士が地域でできること-


主  旨:「第三次作業療法 5 ヵ年戦略(2018-2022)」の重点的スローガンは「地域包括ケアシステムへの寄与 ~作業療法 5・5 計画~」である。作業療法を取り巻く地域実情はさまざまな課題に直面している。直接には少子高齢化の顕在であるが、それぞれの「まち」の姿そのものを大きく変容させていくものとなっている。そのために、高齢者対応から始まった「地域包括ケアシステム」の構築は、その地域の子どもから高齢者までの全ての住民を対象とする仕組みの構築に向かうことになった。医療専門職である作業療法士もそれぞれの地域が抱える課題を把握し、それぞれの地域の医療・介護・ 保健・福祉・教育の場でどのような貢献ができるかを問われている。今回の研修では、大田原市において地域共生社会・まちづくりを実践している作業療法士の濱野将行氏を講師に迎え、これまでの経験、作業療法士が地域でできることをテーマに講義していただく。また、研修の冒頭では栃木県作業療法士会の地域包括ケアシステムの取り組みについて地域リハビリテーション推進部の有馬正人理事氏にお話しをいただく。

内 容 : 栃木県作業療法士会の地域リハの現状共有
                講師:有馬 正人 氏   曙訪問看護ステーション
                    栃木県作業療法士会 地域リハ推進部 理事 

      えんがおを通して考える、地域包括ケアシステム
        ―作業療法士が地域でできることー       
                講師:濱野 将行 氏  一般社団法人 えんがお代表

注意点:
 配信動画は配信者の許可なく録音・録画・写真撮影は行わないでください。
 動画視聴用パスワードの共有も禁止です。

キャンセルポリシー:
 コンビニ決済や配信開始後のキャンセルはいかなる理由があっても対応しかねますのでご了承ください。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2022/12/18(日) 10:00~

2023/1/6(金) 13:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

一般・他職種

1,000円

他県士会員

1,000円

学生

無料

栃木県作業療法士会 会員

500円

栃木県作業療法士会 非会員

9,000円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

Yahoo!ウォレット(クレジットカード)

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

Yahoo!ウォレットに登録されたカードのみ利用可能です。詳細はこちらをご確認ください。

コンビニ決済

コンビニ決済は別途手数料がかかります。
またお支払い期限がございます。
詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

tochigizen@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


▲このページのトップへ