増子信一×大久保徹也× 嶋浩一郎 「かつて『面白半分』という伝説の雑誌があった!」 in東京

  1. TOP
  2. その他

増子信一×大久保徹也× 嶋浩一郎 「かつて『面白半分』という伝説の雑誌があった!」

元『面白半分』編集部×日本出版インフラセンター顧問・ホーム社顧問(元集英社常務)×本屋EDIT TOKYO

2017/3/6(月) 19:00~2017/3/6(月) 21:00

イベント受付開始時間 2017/3/6(月) 18:30~

本屋 EDIT TOKYO

  • 増子信一×大久保徹也× 嶋浩一郎 「かつて『面白半分』という伝説の雑誌があった!」 イベント画像1


「面白くてためにならない雑誌」をコンセプトに
吉行淳之介、井上ひさし、筒井康隆、遠藤周作ら
スター作家たちが編集長を務めた雑誌が70年代に存在した。


当時の編集部に在籍した現ホーム社出版統括プロデューサーの増子信一さんをお招きして70年代から80年代にかけての日本の雑誌ヒストリーを紐解く。


集英社・ホーム社で長年雑誌ビジネスに携わった
日本出版インフラセンター大久保徹也さんもトークに参戦。


聞き手は本屋EDIT TOKYOの嶋浩一郎が務めます。


<プロフィール>
増子信一(ますこしんいち))
1953年東京生まれ。早稲田大学卒。1979年10月 雑誌「面白半分」入社。
1980年7月 同社倒産。朝日ジャーナル嘱託時代に書評欄、文化ジャーナルを担当。
1984年 株式会社作品社に入社。最初に手がけたのは、笠井潔『テロルの現象学』、
桐山襲『パルチザン伝説』の2冊。以後、「日本の名随筆」(全200巻)のほか、
単行本の編集に携わる。
2002年 作品社退社、作品企画に転属。株式会社ホーム社の嘱託として、
雑誌「青春と読書」の編集、ホーム社・集英社の単行本編集を手がける。
近刊に集英社文庫ヘリテージ・シリーズ「ポケットマスターピース」(全13巻)、
集英社文庫「明智小五郎事件簿」(全12巻)、堀田饒『病気を描くシェイクスピア』(ホーム社)、
エヴゲーニー・ヴォドラスキン『聖愚者ラヴル』(作品社)など。


大久保徹也(おおくぼてつや)
元集英社常務取締役。前ホーム社代表取締役。
現在は、日本出版インフラセンター顧問、ホーム社顧問を兼務。



コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2017/2/15(水) 17:00~

2017/3/6(月) 18:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

2000 ticket

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますのであらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

edittokyo@bookandbeer.com

電話番号

03-6274-6892

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ