「訳出のバリエーションづくり~訳例カード・ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#4) in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、勉強会

「訳出のバリエーションづくり~訳例カード・ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#4)

2017/1/29(日) 13:45~2017/1/29(日) 17:00

イベント受付開始時間 2017/1/29(日) 13:15~

【アカデミー音羽 美術室】 (レッスン#1~3とは場所が違います。ご注意ください)

  • 「訳出のバリエーションづくり~訳例カード・ワークショップ」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#4) イベント画像1

2016/12/21 01:02 追加

【お知らせ】※お得な「セット券」ができました。2/19(日)開催の「翻訳に活かすSimplyTerms」(翻訳フォーラム・レッスンシリーズ#5)[詳細はこちら]と同時お申し込みで通常11,000円のところが10,000円となります。どうぞご利用ください。(「チケットを申し込む」ボタンをクリックし、「レッスン#4」「レッスン#5とのセット券」からお選びください)
---------
【講座のご案内】原文に"most"とあったら、何と訳していますか?「たいていの」「ほとんどの」あたりでしょうか。しかし、いつもいつも「たいていの」「ほとんど」ではワンパターンになってしまいます。訳文の中で「浮いて」しまうこともあるかもしれません。他に訳し方はないのでしょうか。品詞を変えたり、位置を変えることでバリエーションを増やす方法はないでしょうか。

翻訳フォーラムレッスンシリーズ第4弾は今までと趣向を変え、ワークショップ形式で行います。高橋さきの講師の説明に続いて、参加者のみなさんに実際に手を動かし、頭を働かせていただきます。『研究社新和英大辞典』(*)から集めた訳例カードをテーブルの上に広げ、用例ごとにパターン分けをして分析することで、言い換えのバリエーションを増やす方法を体得します。(*「英和辞典」の誤植ではありません。英日翻訳に和英辞典を使うのです。方法は当日ご説明します)

2016年5月に開催された「翻訳フォーラムシンポジウム2016」の「めだかの学校発表会」で好評だった「訳例カードの仕分け」をみなさんにも体験していただきます。難しい作業ではありませんし、翻訳フォーラム幹事およびめだかの学校メンバーがサポートに入りますので、安心してご参加ください。


※事前課題はありませんが、下記作業をしてきていただけると、より効果的です。
1)手持ちの複数の英英・英和辞書で「most」の項を読み比べる。
2)「できる翻訳者になるために プロフェッショナル4人が本気で教える 翻訳のレッスン」http://amzn.to/2bMkw5l (特に「レッスン4」)を読む。

参考:「翻訳フォーラムシンポジウム2016」レポート 
「めだかの学校」発表会(アルク「翻訳通訳のトビラ」)
http://www.alc.co.jp/translator/article/tobira/symposium2016_05.html

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/12/3(土) 10:00~

2017/1/27(金) 18:00

PassMarketのチケットについて

販売条件

誠に恐縮ですが、システムの都合上申し込み後のキャンセルは受け付けられません。お知り合いに受講の権利をお譲りいただくことはできますが、受付でのトラブルを防ぐため、必ずおいでになる方のお名前を事前にお知らせください。

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

events.fhonyaku@gmail.com

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ