朝井まかて×ペリー荻野 浮世絵バカ二代、北斎と応為の父娘に学ぶ、お金よりも「好き」を貫く人生 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 趣味、ホビー

朝井まかて×ペリー荻野 浮世絵バカ二代、北斎と応為の父娘に学ぶ、お金よりも「好き」を貫く人生

『眩』(朝井まかて著)刊行記念

2016/3/29(火) 19:00~2016/3/29(火) 20:30

イベント受付開始時間 2016/3/29(火) 18:30~

la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko

  • 朝井まかて×ペリー荻野 浮世絵バカ二代、北斎と応為の父娘に学ぶ、お金よりも「好き」を貫く人生 イベント画像1

 葛飾北斎はあまりに有名ですが、その娘・応為もまた天才絵師だったことを知っていますか? 


 一度は絵師と結婚したものの夫の絵の下手さを鼻で笑って離縁され、実家に舞い戻った応為は、これ幸いと父の工房のスタッフに収まり、風景画から春画までをこなしました。特に美人画を得意とし、晩年の北斎の絵に登場する女たちも実は彼女が手掛けていたと言われるほど。一方で父の画風にとらわれることなく、浮世絵離れしたウルトラモダンな絵を完成させ、今では「江戸のレンブラント」と呼ばれる存在になっています。

 絵を描くこと以外なーんの興味ももたない貧乏生活を送り、数々の傑作をモノにした稀代の浮世絵バカ・北斎と応為。
「好き」をとことん追い続けた二人の原動力とは何か? 天才が二人いると家庭はどうなる? 応為の生き方を可能にした江戸女子のフリーダムさとは? 女たちの目に〈吉原〉はどう映っていた?
 語り手は、応為を主人公に新作長篇『眩(くらら)』を書き上げた作家・朝井まかてさんと、時代劇研究家のペリー荻野さん。天才父娘の魅力とリアルな江戸の暮らしに迫ります。


*終演後、朝井まかてさんが『眩』、ペリー荻野さんがご著書へのサイン会を行います(本は会場でも販売いたします)。お時間の都合上、著者一人につき一冊までとさせていただきますので、ご了承ください。

*******************************

プロフィール

朝井まかて(あさい・まかて)
1959年、大阪府生まれ。コピーライターとして活躍する傍ら2008年小説現代長編新人賞奨励賞を得て作家デビュー。2013年に発表した『恋歌』で本屋が選ぶ時代小説大賞、直木賞を、続く『阿蘭陀西鶴』で織田作之助賞を受賞。今最も脂の乗った作家。他の著書に『ぬけまいる』『御松茸騒動』『藪医 ふらここ堂』等がある。

ペリー荻野(ぺりー・おぎの)
1962年、愛知県生まれ。大学在学中よりラジオパーソナリティを務め、コラムを書く。女流時代劇研究家として知られ、時代劇主題歌オムニバスCD「ちょんまげ天国」のプロデュース、「チョンマゲ愛好女子部」立ち上げなど時代劇関連企画の陰にこの人あり。著書に『ちょんまげだけが人生さ』『バトル式歴史偉人伝』ほか。

※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。








チケット販売期間外です

販売
期間

2016/2/18(木) 10:00~

2016/3/29(火) 16:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

自由席

2,000円

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

sokoinfo@shinchosha.co.jp

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ