寺尾隆吉×佐々木敦「キューバナイト! 〜キューバ文学の魅力を語る熱い夜〜」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

寺尾隆吉×佐々木敦「キューバナイト! 〜キューバ文学の魅力を語る熱い夜〜」

アレホ・カルペンティエール『方法異説』、レイナルド・アレナス『襲撃』(いずれも水声社)刊行記念

2017/1/26(木) 20:00~2017/1/26(木) 22:00

イベント受付開始時間 2017/1/26(木) 19:30~

本屋B&B

  • 寺尾隆吉×佐々木敦「キューバナイト! 〜キューバ文学の魅力を語る熱い夜〜」 イベント画像1

  • 寺尾隆吉×佐々木敦「キューバナイト! 〜キューバ文学の魅力を語る熱い夜〜」 イベント画像2

キューバ革命から半世紀たち、カストロが亡くなったいま、キューバは世界でもっとも“熱い国”だといえるでしょう。政治はもとより、文学、音楽シーンで多くの注目を集めるキューバについて、亡命作家のレイナルド・アレナスの『襲撃』、さらには『方法異説』で独裁者を描いたアレホ・カルペンティエールの文学をきっかけに、ハバナクラブを片手に語りあう一夜限りの《キューバナイト》開催!! 対談者には、アルゼンチンナイトにひきつづき佐々木敦氏を迎え、翻訳者の寺尾隆吉氏にキューバの魅力を語っていただきます。

※ご注文いただく1ドリンクとは別で、この夜だけ、キューバのラム酒「ハバナクラブ」を振る舞います!



寺尾隆吉(てらお・りゅうきち)
1971年、愛知県生まれ。フェリス女学院大学教授。専攻、現代ラテンアメリカ文学。「フィクションのエルドラード」(水声社)の編者であり、本シリーズの訳書には、サエール『孤児』をはじめ、フエンテス『ガラスの国境』、コルタサル『八面体』、ドノソ『境界なき土地』などがある。新書に『ラテンアメリカ文学入門』(中公新書)がある。

佐々木敦(ささき・あつし)
1964年、愛知県生まれ。批評家。音楽レーベルHEADZ主宰。著書に『あなたは今、この文章を読んでいる。——パラフィクションの誕生』(慶応義塾大学出版会)、『即興の解体/懐胎』(青土社)、『未知との遭遇』(筑摩書房)、『批評時空間』(新潮社)などがある。

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ