加藤喜一&内海利勝 with コンディ in神奈川

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 音楽、ライブ

加藤喜一&内海利勝 with コンディ

2020/11/5(木) 20:00~2020/11/12(木) 23:00

横浜サムズバー

  • 加藤喜一&内海利勝 with コンディ イベント画像1

  • 加藤喜一&内海利勝 with コンディ イベント画像2

  • 加藤喜一&内海利勝 with コンディ イベント画像3

有線放送大賞新人賞、日本レコード大賞新人賞など受賞、元SALLYのギーターヴォーカル加藤喜一KEACHさんと、一世を風靡した元Carolのリードギター・ヴォーカル内海利勝ウッちゃんと横浜東京で活躍するベーシスト、コンディとのトリオ、配信ライブです。

(写真2枚目、3枚目に略歴写真紹介掲載)

加藤喜一 vocal, guitar, blues harp

1984年「バージンブルー」/SALLYのVo,Gとしてデビュー。

有線放送大賞新人賞、レコード大賞新人賞ほか受賞。シングル6枚、アルバム5枚をリリース。JASRAC準会員。作詞作曲者としての名義は「加藤喜一」、「KEACH」、「加藤キーチ」。

解散後はビートたけしのコンサートにギタリストとして参加。布施博への楽曲提供、成人映画の音楽制作等にも携わる。近年はアコースティックでのソロをメインに、内海利勝(ex.キャロル)、長洲辰三ほか、セッション、ユニットでのライブも精力的に行なっている。2014年アルバム「Pure Glass」、2016年「impress」(いずれもAirplane Labelより発売中)を制作。2018年シングル「Just wait and see」(JASRACの東日本大震災支援・こころ音プロジェクト参加作品)を配信。2019年「Little wing」Jimi Hendrix Coverを配信。2020年アルバム「impress」の配信開始。現在、Goffin-Goldbergの「It’s not the spotlight」を日本語訳詞で制作、また内海、長洲らとともに長年続けている「RESPECT 2 BLUES MEN」のライブアルバムを制作、2020年夏に配信開始。

内海利勝 vocal,guitar                                                                                                 1972年に矢沢永吉、ジョニー大倉、ユウ岡崎と共に「キャロル(Carol)」にリードギター/ボーカルで加入、一時代を築いたのちオリジナルアルバム5枚を残し1975年に解散する。     キャロル解散後は積極的にソロ活動を展開し、内田裕也、宇崎竜童、原田芳雄のバックアップメンバーとして活動、ライヴ及びレコーディングにも参加する。 また、映像作品に出演し音楽も担当する他、映画≪どついたるねん≫にテーマ曲≪DONT WORRY≫を提供するなど、その活動の幅を広げる。1987年には相原誠(元ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)、長洲辰三(宇崎竜童バンド)、永本忠(元ソー・バッド・レビュー)と「THE MIRROR」結成、現在までバンドは続いている。1990年代に入ると、「THE PLEASE」を経て、1997年に久々のソロアルバム≪FROM HERE≫発表。その頃、「Peach Blue」を結成し、2001年までにアルバム2枚を発表する。 2005年にアルバム≪LOVE & PEACE≫、2007年にアルバム≪STAMP OF DREAMS≫をリリース。2007年にはアコースティックユニット、「POUSSE-CAFE’」を結成。 2009年に旧知の長洲辰三、新井武士らと「BACA-BACCA」を結成。オリジナルアルバムも発表する。  現在は、「BACABACCA」や「POUSSE-CAFE’」はもちろん、「God’s Pink」のギタリストとして新たに活動を開始。また長洲辰三、HORIKEN、チェリーボーイズ、影山キタロウ 等々、数多くのアーティストの作品(CDアルバム)にギタリストとして参加。 また、音楽活動以外では、かわさきFM「内海利勝 LOVE & PEACE 同じ空の下から」(2011年~現在)においてパーソナリティーを務めるなど、近年は過去に無いほど多方面で精力的な活動をしている。

コンディ base                                                                                                            

ジャム音楽学院で、ニューハード楽団の大野憲一郎氏に師事。ジャズ、ロック、シャンソン等の演奏活動をしつつ、音楽制作とベース講習の創楽工房を設立。ベースを河原秀夫氏に師事。現在、横浜・都内で演奏活動をしている。

もともとキャロルファンだったコンディが2016年のある日、
内海利勝(ex.CAROL)のライブを観に行ったところ、
加藤喜一(ex.Sally)とのデュオのライブだった。
そのときに、コンディが一緒にライブをやろうとの誘いから始まったのが
「加藤喜一&内海利勝withコンディ」で、2016年9月から現在まで
サムズバーで隔月ライブを開催している。
加藤喜一、内海利勝のオリジナル曲やブルース、R&B、ソウル等を中心に演奏。


注意事項

チケットご購入頂きますと購入直後に届くメールとは別に、配信当日ライブスタート30分前に、ご視聴用URLをメールにてお送りします。ご購入時ご登録のメールアドレスに誤りがありますと、メールが届きませんのでご注意ください。


*配信元はツイキャスです。

配信元の事前チェック(個人アカウントがないと視聴できない場合は、事前にご自身にて登録をお願いします。)、接続環境を必ずご確認ください。

また、当日 視聴者による接続不良や、youtube等動画再生アプリのトラブル、個人アカウント作成等のサポーは行いません。

*インターネット配信の為、回線の混み具合また時間帯等諸状況により配信時刻が遅れたり映像音質が乱れたり読み込みが遅くなる場合がございます。

また、お客様のご視聴媒体、ネット環境によっても同様の状況が生じることがございますので、ご了承ください。


















チケット販売期間外です

販売
期間

2020/10/26(月) 19:00~

2020/11/5(木) 19:25

PassMarketのチケットについて

チケット情報

加藤喜一&内海利勝withコンディ視聴チケット

2,000円

加藤喜一&内海利勝withコンディ視聴+お店支援チケット

2,500円

販売条件

インターネット配信の為、回線の混み具合また時間帯等諸状況により配信時刻が遅れたり映像音質が乱れたり読み込みが遅くなる場合がございます。
また、お客様のご視聴媒体、ネット環境によっても同様の状況が生じることがございますので、ご了承ください。
*配信元はツイキャスです。配信元の事前チェック(個人アカウントがないと視聴できない場合は、事前にご自身にて登録をお願いします。)、ネット接続環境を必ずご確認ください。
*ご購入頂いたツイキャス視聴用URLを、購入者以外の者への無断転用を禁止いたします。
*チケット購入完了後のチケット代はいかなる理由でもご返金いたしかねます。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

samsbar@maroon.plala.or.jp

電話番号

045-243-2299

19:00〜23:30(ライブ営業日のみ)

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ