若杉実×売野雅勇「歌謡曲、私はこう聴き、私はこう作詞した」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

若杉実×売野雅勇「歌謡曲、私はこう聴き、私はこう作詞した」

『裏口音学』(芽瑠璃堂出版)刊行記念

2018/7/14(土) 19:00~2018/7/14(土) 21:00

イベント受付開始時間 2018/7/14(土) 18:30~

本屋B&B

  • 若杉実×売野雅勇「歌謡曲、私はこう聴き、私はこう作詞した」 イベント画像1

音楽ジャーナリスト、若杉実さんの新刊『裏口音学』が6月27日刊行されます。

同書は、若杉さんの故郷、渡良瀬川沿川の生活文化情報誌『渡良瀬通信』での連載〈裏口音学〉45回分(4年間)を一冊にまとめたもの。歌謡曲をはじめポップス、ジャズ、ワールド系など、全方位に広がる音の扉を裏からこじ開け新たな世界へ挑み、若杉さん自身のルーティンにおいて、アンタッチャブルな(?)歌謡曲に初めてメスを入れることにもなった一冊です。

同書の刊行を記念して、トークイベントを開催します。ゲストは、中森明菜「少女A」、チェッカーズ「涙のリクエスト」「ジュリアに傷心」、ラッツ&スター「め組のひと」、郷ひろみ「2億4千万の瞳」、荻野目洋子「六本木純情派」、矢沢永吉「Somebody’s Night」、坂本龍一「美貌の青空」など、数々のヒット曲を手がけた、作詞家の売野雅勇さん。

当日は、リスナー側に立った若杉さんと、第一線の現場に立つ作詞家・売野さんとの楽曲解釈の相違、相似を鮮明にしながら、昨今の昭和歌謡リバイバルとも違った切り口のもと、マイナー路線に逃げることなく、王道に潜む“裏口”を探していきます。

また、同郷人同士ならではの共通したバックボーン、知られざる話題も飛び出す可能性も!? ご期待くださいませ!

【出演者プロフィール】
若杉実(わかすぎ・みのる)
音楽ジャーナリスト。栃木県足利市出身。雑誌、書籍への寄稿をはじめCDのライナーノーツなどを執筆。CD、DVD企画も手がけ、これまでに200タイトル以上を送り出す。RADIO-i(愛知国際放送)やShibuya-FMなどラジオ番組のパーソナリティも担当していた。著書に『渋谷系』『東京レコ屋ヒストリー』『裏ブルーノート』など。


売野雅勇(うりの・まさお)
昭和最後の大物作詞家。中森明菜の「少女A」を筆頭にチェッカーズ、近藤真彦、河合奈保子、シブがき隊、郷ひろみ、ラッツ&スターetc.、80年代歌謡曲黄金時代を支える。 90年代以降は坂本龍一、矢沢永吉、SMAP、森 進一など、多岐にわたって提供。同時に映画、演劇まで活動の場を広げている。2016年、作詞家活動35周年として自伝 『砂の果実 80年代歌謡曲黄金時代疾走の日々』を発表。若杉さんとは同郷の栃木県足利市出身。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/6/19(火) 13:00~

2018/7/14(土) 16:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ