熱海未来音楽祭2020 10/24ライブ『リスボンから雅なる』 in静岡

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 音楽、ライブ

熱海未来音楽祭2020 10/24ライブ『リスボンから雅なる』

ライブ『リスボンから雅なる』ピーターエヴァンス(トランペット)、石川高(笙)、今西紅雪(箏)

2020/10/24(土) 16:30~2020/10/24(土) 18:00

イベント受付開始時間 2020/10/24(土) 16:00~

EOMO store(銀座町6-6-1F)

  • 熱海未来音楽祭2020 10/24ライブ『リスボンから雅なる』 イベント画像1

  • 熱海未来音楽祭2020 10/24ライブ『リスボンから雅なる』 イベント画像2

  • 熱海未来音楽祭2020 10/24ライブ『リスボンから雅なる』 イベント画像3


ライブ『リスボンから雅なる』*入場制限30名まで。

海外とインターネットで繋いで生ライブをする、大胆な試み!! インターネット有料生配信あり。配信はこちら

トランペッターのピーターは、ポルトガルのリスボンから中継で演奏。

和楽器は熱海銀座のeatable many orders ショップで演奏する。

開場16:00 開演16:30

会場: EOMO store(銀座町6-6-1F

出演:ピーターエヴァンス(トランペット)、石川高(笙)、今西紅雪(箏)


主催 : MAKIGAMI OFFICE 問&お申し込み tel/fax 0465-63-0578、mail:makigamioffice@gmail.com

共催:静岡県文化プログラム  プロデューサー : 巻上公一


Peter Evans


ピーター・エヴァンスは2003年よりニューヨークを拠点に活動しているトランペット奏者、インプロヴァイザー、作曲家である。現在はポルトガルに移住。様々なジャンルのミュージックがハイブリッド化された実験音楽のシーンに位置しており、モダンな音楽技法と伝統を広範囲にクロスオーヴァーする作品を生み出している。自己決定的でありながら同時に協働的ともいえる即興音楽の性質を作曲のツールとして積極的に取り入れながら、他のミュージシャンや作曲家とともに新たな音楽の創作に力を入れており、その繋がりと広がりはますます大きくなっている。現在、彼がリーダーを務めている主要なグループはPeter Evans EnsembleBeing & Becomingである。他にも、ピーターは2002年よりソロ奏者としてトランペットの生演奏と音源のリリースを行なっている。インプロヴィゼーションの分野において優れたアーティストとして広く認知されており、過去10年間に複数の音源を発表している。 ピーターは(マイク・プライドとティム・ダールと共に)Pulverize the Soundのメンバーでもあり、(エヴァン・パーカー、クレイグ・テイボーン、そしてサム・プルータと共に)Rocket Scienceのメンバーでもある。同じ志を持ったミュージシャンと共に実験を繰り返しながら、常に新しいグループ編成を行なっている。作曲家としては、インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブル(ICE)、ヤーン/ワイアー、ドナウエッシンゲン音楽祭、ジェローム財団新進アーティストプログラム、そしてドリス・デューク財団などからコミッションを受けてきた。また、世界各地の主要なフェスティバルに出演しながら、自身のグループを率いて様々な地域でツアーを敢行している。エヴァンスがこれまで共演してきた主なミュージシャンは、ジョン・ゾーン、ペーター・ブロッツマン、ジム・ブラック、ウィーゼル・ウォルター、マタナ・ロバーツ、タイショーン・ソーリー、レヴィ・ロレンツォ、ネイト・ウーリー、スティーヴン・シック、メアリー・ハルヴォーソン、ジョー・マクフィー、そしてICEやウェット・インク・アンサンブルのメンバーなど。2011年からは自身のレーベル、More Is Moreよりレコードをリリース。2016年には、ソロアルバム”Lifeblood と、ピーター・エヴァンス・クインテットの3枚目にして最後のアルバム Genesis”をリリースし、高く評価された。2018年にMore Is More5枚の新譜を発表する予定である。


石川高(いしかわ こう) 笙(しょう)

1990年より笙の演奏活動をはじめ、国内、世界中の音楽祭に出演。雅楽団体「伶楽舎(れいがくしゃ)」に所属し、雅楽古典曲や現代作品を数多く演奏してきた。笙の独奏者としても、様々な音楽家、作曲家と共に活動し、即興演奏も行う。催馬楽など雅楽の歌唱でも高い評価を受けている。和光大学、学習院大学、沖縄県立芸術大学、九州大学にて講義を行い、朝日カルチャーセンター新宿にて「古代歌謡」講座を担当している。

2018年には、Europe and the world, a symphony of cultures (British Museum, London)、Salon Tokyo; Bozzini Quartet, Satoko Inoue and Ko Ishikawa (Montreal, Quebec)などに参加している。http://radiant-osc.com/


今西 紅雪 (箏・唄・作曲)

伝統の上に立ちつつも、独自奏法による豊かで静謐な箏の響きを追求。古典、現代音楽、即興、電子音楽、Jazzといった枠にはまることのない独自の世界観を描くように奏でる。自身の企画『SOUND QUEST』では現代ならではの出会いにより箏の様々な魅力を引き出す試みを続けており、国内外のあらゆる楽器、ダンサー、 美術家、映画、老舗企業とのコラボレーションも多数。

コンサートやフェスティバル(Sonar Sound TokyoJazz Art せんがわ、Camp Off-Tone、音泉温楽、水都大阪他)、パリコレクションへの出演や、伊勢神宮はじめ寺社での奉奏、学校公演等、幅広い演奏活動を行う。



ソロの他、テルミン奏者児嶋佐織とのユニット「短冊」、行川さをり・大塚惇平とのトリオ「笙箏声」、田ノ岡三郎(アコーディオン)・髙橋弥歩(サックス)とのトリオ「紅弥三」、サウンドアーティストHacoとのデュオ「aqua jade」等でも活動。20171月にはフランス人デュオRhizottomeとヴィジュアルアーティスト仙石彬人と共に仏4都市で国立劇場二ヶ所を含む公演を行い大きな反響を得た(国際交流基金助成プログラム)。5月今西玲子改め、紅雪を襲名。9月、Jazztronik野崎良太氏の音楽プロジェクトmusilogueよりファーストアルバム『秘色の雨』をリリース。




コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2020/9/20(日) 12:00~

2020/10/24(土) 17:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

10/24 ライブ『リスボンから雅なる』

3,500円

10/24 ライブ『リスボンから雅なる』18歳以下

1,800円

10/24 ライブ『リスボンから雅なる』障害者手帳提示

2,500円

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

makigamioffice@gmail.com

電話番号

0465-63-0578

10時から18時

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ