福田拓也×保坂和志「詩を前にして、小説はどこまで自由なのか?」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

福田拓也×保坂和志「詩を前にして、小説はどこまで自由なのか?」

『惑星のハウスダスト』(水声社)刊行記念

2018/5/26(土) 15:00~2018/5/26(土) 17:00

イベント受付開始時間 2018/5/26(土) 14:30~

本屋B&B

  • 福田拓也×保坂和志「詩を前にして、小説はどこまで自由なのか?」 イベント画像1

現代詩手帖賞受賞の詩人・福田拓也さんの最新詩集『惑星のハウスダスト』が3月に刊行されました。

一見、詩なのか小説なのか散文詩なのかよくわからない、ゴチャゴチャした文字の羅列……。しかし執念深く読み進めていくと、文字の羅列の中に言葉の蠢きが現れ、畳み掛けてくるリズムが感じられ、意味がグルーヴし、ストーリーのようなものが見え隠れし……そうこうしているうちに読者は、『惑星のハウスダスト』の〈読みのモード〉に完全に頭を支配されていることに気づくでしょう。
そんな驚くべき読書体験をもたらす同書の刊行を記念してトークイベントを開催します。
お相手は、短編「こことよそ」(「新潮」2017年6月号)で川端康成賞を受賞されたばかりの保坂和志さん。保坂さんは『惑星のハウスダスト』を、「カフカの文章をカフカがカフカと知られる前に、はじめて読んだ人のように読むのがいい」と絶賛されました。(また福田さんは、好評を博した『三田文学』保坂和志特集号の仕掛人でもあります)
『惑星のハウスダスト』の融通無碍に疾走する文体は、保坂さんが探求し続けている〈小説の自由〉に大きなヒントをもたらすかもしれません。カフカやベケット、小島信夫の文学のあり方も考えながら、小説や詩にとっての本当の〈自由〉とは何かを探る試みです。すべての書き手・作り手注目の対話をお聴き逃しなく!


福田拓也(ふくだ・たくや)
詩人、文芸評論家、東洋大学教授(20世紀フランス詩)。前『三田文学』編集長(2016春季号~2017年冬季号)。1994年、現代詩手帖賞を受賞。詩集に『砂地』『砂の歌』『まだ言葉のない朝』『倭人伝断片』、評論に『尾形亀之助の詩』『小林秀雄 骨と死骸の歌』『「日本」の起源』『エリュアールの自動記述』などがある。

保坂和志(ほさか・かずし)
小説家。1990年『プレーンソング』でデビュー。93年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年『この人の閾』で芥川賞、97年 『季節の記憶』で谷崎賞、平林たい子文学賞、2013年『未明の闘争』で野間文芸賞を受賞。その他の著書に『カンバセーション・ピース』『書きあぐねている人のための小説入門』『小説の自由』『カフカ式練習帳』『地鳴き、小鳥みたいな』など多数。2018年、「こことよそ」で川端康成賞を受賞。

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + (500 drink 当日払い)

1,500円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/
弊店のイベントは1ドリンクオーダー制です。
5月開催のイベントより、ドリンク代は当日に受付にて現金でお支払いいただきます。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ