海老原嗣生常見陽平「雇用の常識 本当に見える嘘メッタ斬りビアガーデン」 in東京

  1. TOP
  2. その他

海老原嗣生常見陽平「雇用の常識 本当に見える嘘メッタ斬りビアガーデン」

2017/7/31(月) 20:00~2017/7/31(月) 22:00

イベント受付開始時間 2017/7/31(月) 19:30~

本屋B&B

  • 海老原嗣生常見陽平「雇用の常識 本当に見える嘘メッタ斬りビアガーデン」 イベント画像1

あの地獄兄弟(ヘルブラザーズ)がB&Bに帰ってきた!「雇用のカリスマ」こと海老原嗣生と、「若き老害」常見陽平が、ネット上やメディアにあふれる雇用・労働をめぐる俗説をメッタ斬り!「働き方改革」の真実、残業社会の処方箋、若者はかわいそう論の虚実、日本の労働社会の行方、これからの働き方について吠えまくる2時間。通年採用、新卒採用自由化。ダブルワーク、リファラル採用、ジョブ型雇用、大学無償化、AIIOT、年金問題など旬なキーワードについても検証。本当に見える嘘を暴く。

ここだけの話、満載。会場からの質疑応答タイムもたっぷり。完売必至の神回を見逃すな!

海老原嗣生(えびはらつぐお)
株式会社ニッチモ
代表取締役
株式会社リクルートエージェント
ソーシャルエグゼクティブ
株式会社リクルートワークス研究所
特別編集委員
1964年生まれ。上智大学経済学部卒業。リコー、リクルートエージェントを経て、リクルートワークス研究所の「Works」編集長に就任。2008年にリクルートを退職し、HRコンサルティング企業の株式会社ニッチモを設立。一方、リクルートエージェントのフェローとして、人事・経営誌「HRmics」の編集長に。著書に『雇用の常識「本当に見えるウソ」』『学歴の耐えられない軽さ』『「若者はかわいそう」論のウソ』『就職、絶望期』『就職に強い大学・学部』など。「週刊モーニング」(講談社)の転職エージェント漫画『エンゼルバンク』のカリスマ転職代理人
海老沢康生のモデルにもなっている。

常見陽平(つねみようへい)
働き方評論家、千葉商科大学国際教養学部専任講師
1974年生まれ、北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。リクルート、バンダイ、クオリティ・オブ・ライフ、フリーランス活動を経て20154月より現職。専攻は労働社会学。働き方をテーマに執筆、講演を行なう。『なぜ、残業はなくならないのか』(祥伝社新書)『僕たちはガンダムのジムである』(日経ビジネス人文庫)、『「就活」と日本社会』(NHKブックス)、『「意識高い系」という病』(ベスト新書)、など著書多数。

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ