青い日記帳×川瀬佑介「幻の美術作品の話をしよう! 」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

青い日記帳×川瀬佑介「幻の美術作品の話をしよう! 」

『失われたアートの謎を解く』(筑摩書房)刊行記念

2019/11/1(金) 20:00~2019/11/1(金) 22:00

イベント受付開始時間 2019/11/1(金) 19:30~

本屋B&B

  • 青い日記帳×川瀬佑介「幻の美術作品の話をしよう! 」 イベント画像1


こんなに感動したあの作品が、明日もあるとは限らない…


青い日記帳さん監修の『失われたアートの謎を解く』ではフェルメール《合奏》を含む被害総額5億ドルの盗難事件、ドイツのアパートから2012年に発見されたナチス御用画商の隠し絵画……などなど、アート2000年の歴史に隠された「不都合な真実」を解剖しています。

今回の刊行記念イベントのゲストには国立西洋美術館主任研究員絵画・彫刻室長の川瀬佑介さんをお呼びしました。

来年開催の「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」で来日を果たすゴッホの《ひまわり》、もうひとつのゴッホの真作《ひまわり》が、かつて日本にもあったように、今回のイベントではそのような思いがけない「失われた美術品」のこと、美術品を守るために美術館がしていること、知らなかった美術のもう一つの素顔を語ります。


ぜひご参加ください!


【出演者プロフィール】

青い日記帳(あおいにっきちょう)
Tak(タケ)の愛称でブログ「青い日記帳」を主宰。休みの日には美術館・博物館へ通い、アートにまつわるさまざまな情報を毎日発信する美術ブロガーとして圧倒的な支持を得ている。美術にまつわる寄稿や出版物も多く手がけ、近著に「いちばんやさしい美術鑑賞」(ちくま新書)などがある。青い日記帳ブログ 


川瀬佑介(かわせ・ゆうすけ)
1977年生まれ。国立西洋美術館主任研究員絵画・彫刻室長。東京藝術大学大学院博士課程修了後、メトロポリタン美術館、長崎県美術館学芸員などで美術史研究を重ねた。専門は17世紀を中心とするスペイン・イタリア美術史。2016年の「カラヴァッジョ展」「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」などを監修。



コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2019/10/26(土) 09:00~

2019/11/1(金) 16:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

1500 ticket + 500 drink(税別)

2,200円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2022 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ