遠藤徹×恒川光太郎「私たちがホラー小説と異世界ファンタジーを書く理由」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

遠藤徹×恒川光太郎「私たちがホラー小説と異世界ファンタジーを書く理由」

新刊一挙刊行記念

2018/6/17(日) 15:00~2018/6/17(日) 17:00

イベント受付開始時間 2018/6/17(日) 14:30~

本屋B&B

  • 遠藤徹×恒川光太郎「私たちがホラー小説と異世界ファンタジーを書く理由」 イベント画像1

日本ホラー小説大賞受賞者のお二人、遠藤徹さん(2003年『姉飼』で受賞)と恒川光太郎さん(2005年『夜市』で受賞)があわせて5冊の本(うち、書き下ろしが4冊)を一挙に上梓します。

遠藤さんの新作は、対立するヤクザの組が、ドスをラケットに持ち替えて繰り広げる『極道ピンポン』、誰もがうらやむスーパー高校生集団〈七福神〉に、いろんなジャンルでなぜか破茶滅茶な戦いを挑む美少女転校生の『七福神戦争』、そしてクリストファー・ノーラン監督の〈バットマン三部作〉を精緻に読み解く評論『バットマンの死 ~ポスト9.11のアメリカ社会とスーパーヒーロー~』という三作。

恒川さんの新作は、突如天空に現れた〈未知なるもの〉=世界で増殖する不定形生物プーニーとの戦いを描いた『滅びの園』、元寇の時代の美しき巫女を描く『異神千夜』など、テーマも時代もバラエティに富んだ二作。

この一挙刊行を記念して、お二人を招き、トークイベントを開催します。

ホラー小説から異世界ファンタジーまで、個性的な表現世界の創作秘話を、お二人にたっぷり語り合っていただきます。

【出演者プロフィール】
遠藤徹(えんどう・とおる)
作家、同志社大学グローバル地域文化学部教授。英米文学・文化研究書として『溶解論』『プラスチックの文化史』『ポスト・ヒューマン・ボディーズ』『ケミカル・メタモルフォーシス』『スーパーマンの誕生』などがある。また近年は作家としても知られ、第10回日本ホラー小説大賞を受賞した『姉飼』のほか、『ネル』『むかでろりん』『壊れた少女を拾ったので』『おがみむし』『戦争大臣』『贄の王』などの小説を上梓している。最新刊は、小説『極道ピンポン』、小説『七福神戦争』(以上、五月書房新社)、評論『バットマンの死 ~ポスト9.11のアメリカ社会とスーパーヒーロー~』(新評論)。

恒川光太郎(つねかわ・こうたろう)
作家。デビュー作「夜市」で第12回日本ホラー小説大賞を受賞、また同作品は直木賞の候補にもなった。その他の作品に、『雷の季節の終わりに』『秋の牢獄』『草祭』『金色の獣、彼方に向かう』『金色機械』(第67回日本推理作家協会賞受賞)『スタープレイヤー』『ヘブンメイカー スタープレイヤー』『無貌の神』などがある。最新刊は、小説『滅びの園』、小説『異神千夜』(以上、KADOKAWA)。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/5/17(木) 12:00~

2018/6/17(日) 12:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ