清水美穂子×田中優子×小山伸二「食べること、読むことをとことん話そう!」 in東京

  1. TOP
  2. その他

清水美穂子×田中優子×小山伸二「食べること、読むことをとことん話そう!」

『月の本棚』(書肆梓)刊行記念

2019/2/18(月) 20:00~2019/2/18(月) 22:00

イベント受付開始時間 2019/2/18(月) 19:30~

本屋B&B

  • 清水美穂子×田中優子×小山伸二「食べること、読むことをとことん話そう!」 イベント画像1

You are what you eat.

You are what you read.


あなたは、あなたが食べているものであり、読んでいるものである。


様々なメディアで活躍するブレッドジャーナリストの清水美穂子さんが『月の本棚』(書肆梓)というブックレビューを刊行されました。

小説、エッセイからちょっと不思議な本、人類史、社会学など、ジャンルを越え、時間を越えた37冊を紹介しています。


著者の清水さんとともに、『月の本棚』に紹介されているまさに、食べることは生きることを描いた『食べることも愛することも、耕すことから始まる 脱ニューヨーカーのとんでもなく汚くて、ありえないほど美味しい生活』を担当された田中優子さん(河出書房新社)と、書肆梓の編集者の小山伸二さんのお三方で、食べること、本を読むこと、そして生きることを、ブックレビューを肴にして、たっぷり、じっくり話していただきます。



【出演者プロフィール】

清水美穂子(しみず・みほこ)

東京都生まれ。ブレッドジャーナリスト。パンとそれをとりまく人々をテーマに、All Aboutを始めさまざまなメディアで執筆多数。

著書に『おいしいパン屋さんの つくりかた』(ソフトバンククリエイティブ)、『日々のパン手帖 パンを愉しむ something good』(メディアファクトリー)、『BAKERS おいしいパンの向こう側』 (実業之日本社)。


田中優子(たなか・ゆうこ)

東京生まれ、編集者。雑誌「文藝」編集部を経て、翻訳書を担当。哲学書から音楽関係、エドワード・ゴーリー絵本シリーズまで幅広い書籍を作っている。


小山伸二(おやま・しんじ)

鹿児島生まれ。食の専門出版社野編集者を経て書肆梓主宰。詩人。辻調理師専門学校メディアプロデューサー。立教大学観光学部兼任講師。『ぼくたちはどうして哲学するのだろうか。』『雲の時代』(書肆梓)、『きみの砦から世界は』(思潮社)。


コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2019/1/15(火) 11:00~

2019/2/18(月) 17:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ