インビジブルトークvol.1:学校がコミュニティの拠点になる「PINSプロジェクト」の報告&交流会 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. セミナー、ビジネス

インビジブルトークvol.1:学校がコミュニティの拠点になる「PINSプロジェクト」の報告&交流会

- 東日本大震災から7年ぶりに再開した福島県双葉郡富岡町立小中学校の取組み -

2018/12/3(月) 18:30~2018/12/3(月) 21:00

NICA

  • インビジブルトークvol.1:学校がコミュニティの拠点になる「PINSプロジェクト」の報告&交流会 イベント画像1

  • インビジブルトークvol.1:学校がコミュニティの拠点になる「PINSプロジェクト」の報告&交流会 イベント画像2

  • インビジブルトークvol.1:学校がコミュニティの拠点になる「PINSプロジェクト」の報告&交流会 イベント画像3

2018/11/19 23:02 追加

12/3のトークは以下のように前半と後半の2本立てで進行していきます。短い時間ではありますが、来場者のみなさまと密な時間が過ごせればと思っておりますので、お時間が許せばぜひお早めにご来場下さい。
ーーー
前半<18:30 - 19:00>
交流会&NPO法人インビジブルの活動紹介
参加者通しの交流や、NPO法人インビジブルの3年間の活動やこれからの活動について、理事長の林より皆さまにご案内させて頂きます。

発表者:林曉甫(NPO法人インビジブル 理事長/マネージング・ディレクター)

後半<19;00 - 21:00>
PINSプロジェクトの概要とパネルディスカッション
どのような経緯でPINSプロジェクトがスタートしたのか、また何を目指した活動なのかといった、実現に至った経緯と今年度の活動を振返ります。またパネルディスカッションでは、教育長・参加アーティスト・プログラムディレクターのそれぞれの立場から、今回の活動のプロセスや成果、課題や今後の発展に必要なことを語り、今年を踏まえたプロジェクトの発展を考えていきます。パネルディスカッションでは随時来場者からの質問なども組み込みながら進めていきます。

発表者:石井賢一(富岡町教育長)林敬庸(建築家/大工 ※PINS第一号滞在制作クリエーター)、菊池宏子(アーティスト/NPO法人インビジブル クリエイティブ・ディレクター
モデレーター:赤司展子(NPO法人インビジブル 理事)

なお、トーク終了後は、会場近くで懇親会を予定しています。こちらも合わせて、ぜひご参加ください。

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2018/11/3(土) 09:00~

2018/12/3(月) 18:30

PassMarketのチケットについて

チケット情報

一般 ※ワンドリンク付き

2,000円

大学生 ※ワンドリンク付き

1,000円

高校生以下

無料

お支払い方法

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

主催者のFacebookページ

お問い合わせ先

メールアドレス

info@invisible.tokyo

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ