伊藤文學×鈴木邦男 「三島由紀夫作品と噂された幻の小説の完全映画化! 〜「愛の処刑」上映&禁断のトークイベント」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

伊藤文學×鈴木邦男 「三島由紀夫作品と噂された幻の小説の完全映画化! 〜「愛の処刑」上映&禁断のトークイベント」

2016/12/18(日) 15:00~2016/12/18(日) 17:00

イベント受付開始時間 2016/12/18(日) 14:30~

B&B

1960年に榊山保名義で地下出版で発表された「愛の処刑」は、長く三島由紀夫の作品ではないかと言われ続けていました。
それは一人の体育教師が教え子の中学生に見届けられながら切腹するという衝撃の展開で、「憂国」や後の三島自身の最期を連想させます。
 
1983年に同性愛者向け雑誌「薔薇族」の編集長、伊藤文學がこの作品を映画化。
しかし「ゲイポルノ」というジャンルでの製作だったため、専門館での上映が中心で、一般の映画ファン、三島由紀夫ファンには鑑賞の機会が少ない作品でした。
 
今回、ファンの要望に応え、映画「愛の処刑」を上映、そしてプロデューサーの伊藤文學、及び三島ともに自決した森田必勝をはじめとする「楯の会」のメンバーとも親交があり、著書「遺魂」において三島論を展開した鈴木邦男をお招きしてトークイベントを開催します。
 
映画製作の過程、三島由紀夫の知られざる一面をみなさんと探っていきます。
もちろん女性、男性入場可。滅多にないこの機会をお見逃しなく! 
※DVD上映
 
<鈴木邦男さんプロフィール>
1943年福島県郡山市生まれ。早稲田大学政経学部卒。
学生時代は「生長の家」学生会全国総連合(生学連)に所属し、書記長として活躍。
その後全国学協委員長。一度は政治活動から離れたが、早稲田時代に交流のあった森田必勝が
三島由紀夫とともに自決したことに衝撃を受け、かつての仲間たちと「一水会」を創設。
三島由紀夫について論じた「遺魂」など著作多数。最新刊は「これからどこへ向かうのか」
現在は著述業、トークイベント出演などその活動は多岐に渡る。

コメント

予定枚数終了しました

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円予定枚数終了

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ