石井光太×川名壮志「少年事件を報じるということ」 in東京

  1. TOP
  2. その他

石井光太×川名壮志「少年事件を報じるということ」

『43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層―』(双葉社)刊行記念

2018/1/13(土) 19:00~2018/1/13(土) 21:00

イベント受付開始時間 2018/1/13(土) 18:30~

本屋B&B

  • 石井光太×川名壮志「少年事件を報じるということ」 イベント画像1

2015年2月20日、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で13歳の少年の全裸遺体が発見されました。事件から1週間、逮捕されたのは17歳と18歳の未成年3人。彼らがたった1時間のうちに、カッターの刃が折れてもなお少年を切り付け負わせた傷は、全身43カ所に及んだといいます。理不尽な殺意と、そして逡巡。立ち止まることもできずに少年たちはなぜ地獄に向かったのか――。

ノンフィクション作家の石井光太さん初となる少年事件ルポタージュ『43回の殺意―川崎中1男子生徒殺害事件の深層―』。同書は、公判で明らかにされた事件経緯、被害者・加害者の生い立ち、事件報道とその狂騒が浮き彫りにした日本社会、事件現場の河川敷を訪れた1万人近くの献花・ボランティアの方々の「善意」、同じグループに所属していた少年たちの証言などから、事件を改めて捉えなおした一冊です。

そこで同書の刊行を記念して、著者の石井さんと佐世保小6同級生殺害事件を追った『謝るなら、いつでもおいで』(集英社)の著者で、毎日新聞記者の川名壮志さんをお迎えして、少年少女による残忍な事件をどのように報じるべきかについて、深く議論していただきます。

なぜ同様の事件は繰り返されてしまうのか。報道する側は事件についてどこまで踏み込むべきか。また社会はこうした事件をどのように受け止めなければいけないのか。石井さんと川名さんが語り尽くす120分。ノンフィクション作品や事件報道に興味がある方は必見です。

※新店舗(東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F)での開催となります。ご注意ください

【出演者プロフィール】
石井光太(いしい・こうた)
ノンフィクション作家。1977年、東京都生まれ。国内外の貧困、災害、事件などをテーマに取材、執筆活動をおこなう。著書に『神の棄てた裸体』『絶対貧困』『遺体』『浮浪児1945-』(新潮文庫)、『感染宣告』(講談社文庫)、『物乞う仏陀』『アジアにこぼれた涙』(文春文庫)など多数。事件ルポとして虐待事件を扱った『「鬼畜」の家 わが子を殺す親たち』(新潮社)がある。

川名壮志(かわな・そうじ)
毎日新聞記者。1975年、長野県生まれ。2001年毎日新聞社入社。初任地の長崎県佐世保支局で「佐世保小6同級生殺害事件」に遭遇。被害少女は上司である佐世保支局長の娘だった。事件から約10年にわたり取材を続けてまとめた著書に『謝るなら、いつでもおいで』(集英社)がある。少年事件や犯罪被害者の取材を続ける。近著に『密着 最高裁のしごと』(岩波新書)。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2017/12/7(木) 16:00~

2018/1/13(土) 17:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

2,000円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ