鹿島茂×高遠弘美「文学とエロティスム」 in東京

  1. TOP
  2. その他

鹿島茂×高遠弘美「文学とエロティスム」

『カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語』(上・下)刊行記念

2018/6/14(木) 20:00~2018/6/14(木) 22:00

イベント受付開始時間 2018/6/14(木) 19:30~

本屋B&B

  • 鹿島茂×高遠弘美「文学とエロティスム」 イベント画像1

  • 鹿島茂×高遠弘美「文学とエロティスム」 イベント画像2

フランス文学者、鹿島茂さんが十数年の歳月を注いだ『カサノヴァ 人類史上最高にモテた男の物語』(上・下、キノブックス)が遂に発刊されました!

本書は、最高位の貴族夫人から娼婦、少女から熟女までを愛した天才プレイボーイ、ジアコモ・カサノヴァの生涯を描いた長篇作品です。カサノヴァは1725年、ヴェネチア生まれ。ヨーロッパの大都市を放浪しながら、錬金術師、ペテン師的な才能を発揮させ、各地で女性との恋愛遍歴を重ねます。

カサノヴァによる『回想録』は文庫版で全12冊の超大作ですが、本書はこれを上下巻の二冊に批評的にダイジェスト。エロティックな引用をふんだんに織り込みながら、波瀾万丈のカサノヴァの生涯に沿って、時代背景や男女の恋愛心理が解説されます。

本書の刊行を記念して、同じくフランス文学者の高遠弘美さんをお迎えし、トークイベントを開催いたします。

マルセル・プルースト『失われた時を求めて』の新訳(光文社古典新訳文庫)に取り組まれている高遠さんは、究極の性愛文学として名高い、ポーリーヌ・レアージュ『完訳Oの物語』の訳者でもあります。

文学にとってエロティスムとは何か。いわゆるポルノグラフィとは何が違うのか――。古今東西の文学作品に通暁されているお二人が、文学とエロティスムについて縦横無尽に語り尽くします。ぜひご期待ください!

【出演者プロフィール】
鹿島茂(かしま・しげる)
1949年、神奈川県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。明治大学教授、フランス文学者。『馬車が買いたい!』(サントリー学芸賞)、『子供より古書が大事と思いたい』(講談社エッセイ賞)、『職業別パリ風俗』(読売文学賞)、『成功する読書日記』(毎日書評賞)、『神田神保町書肆街考』、『失われたパリの復元』など著書多数。

高遠弘美(たかとお・ひろみ)
1952年、長野県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。明治大学教授、フランス文学者。著書に『プルースト研究』『乳いろの花の庭から』『七世竹本住大夫 限りなき藝の道』。訳書に『消え去ったアルベルチーヌ』『失われた時を求めて(1~5)』(プルースト)、『乳房の神話学』(ロミ)、『完訳Oの物語』(P・レアージュ)などがある。

コメント

チケットを申し込む

販売
期間

2018/4/27(金) 19:00~

2018/6/14(木) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + (500 drink当日支払い)

1,500円受付中

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。ほか、ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください。
http://bookandbeer.com/利用案内支払い案内お問い合わせ/
弊店のイベントは1ドリンクオーダー制です。
5月開催のイベントより、ドリンク代は当日に受付にて現金でお支払いいただきます。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ