白井明大×當麻妙「島のならわし、二十四節気の風が教えてくれたこと」 in東京

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. その他

白井明大×當麻妙「島のならわし、二十四節気の風が教えてくれたこと」

『島の風は、季節の名前。旧暦と暮らす沖縄』(講談社)刊行記念

2016/11/26(土) 15:00~2016/11/26(土) 17:00

イベント受付開始時間 2016/11/26(土) 14:30~

本屋B&B

  • 白井明大×當麻妙「島のならわし、二十四節気の風が教えてくれたこと」 イベント画像1

詩人の白井明大さんの新刊『島の風は、季節の名前。 旧暦と暮らす沖縄』が9月29日、講談社より発売されます。

この本は、白井さんが、想像以上に、旧暦が強く根づく沖縄で風や海、生き物、祭事など、沖縄の暮らしとならわしを細やかに綴り出した一冊です。

この本の刊行を記念して、沖縄から白井さんと、同書の写真を担当された當麻妙さんをB&Bにお呼びして、トークイベントを開催いたします。

当日は、沖縄の風景写真をスライドショーで観ながら、島の旧暦12カ月の流れに沿って(時々、ちょこっと脱線しながら)、移り住んで感じたこと、生命力の強い自然の姿、旧暦で暮らす息遣いのようなものについてお話いただきます。

お二人のファンはもちろん、沖縄や旧暦の暮らしについて興味のある方もぜひお越しください!

【出演者プロフィール】
白井明大(しらい・あけひろ)

1970年東京生まれ。沖縄在住。詩人。 著書の『日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―』(東邦出版)は、 30万部を超えるベストセラーに。 『旬を楽しむ日めくり七十二候』(文春文庫)、『七十二候の見つけかた』 (飛鳥新社)、 『暮らしのならわし十二か月』 (飛鳥新社)、『季節を知らせる花』(山川出版社)など、 細やかな季節のうつりかわりを映し出す作家として人気を集める。 2016年3月に初の絵本『えほん七十二候 はるなつあきふゆ めぐるぐる』(講談社)を刊行。 詩集に、『心を縫う』(詩学社)、『歌』『生きようと生きるほうへ』(思潮社)など。 2015年、『生きようと生きるほうへ』が第25回丸山豊記念現代詩賞を受賞。
http://mumeisyousetu.com/

當麻妙(とうま・たえ)

写真家。1977年生まれ。沖縄在住。2003年よりフリーとなり、書籍や雑誌、広告などで作品を提供。写真集に『Tamagawa』、『GR DIGITAL BOX』、『GR SNAPS II』。写真展に「Cornershop」(コニカプラザ、1999年)「Tamagawa」(新宿ニコンプラザ、2003年)「KUDAKA」(KIYOKO SAKATA studio、2014年)。

http://tomatae.com/

コメント

チケット販売期間外です

販売
期間

2016/9/28(水) 09:55~

2016/11/26(土) 13:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

1500 ticket + 500 drink

[販売期間] 9/28(水) 09:55~11/26(土) 13:00

2,000円

販売条件

イベント予約完了後のチケット代はご返金いたしかねますので、あらかじめご了承ください。

お支払い方法

コンビニ決済

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

電話番号

03-6450-8272

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


  • 参加者アプリ
    PassMarket

    iOSAndroid

  • 主催者アプリ
    PassMarket for Organizer

    iOSAndroid

写真:アフロ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

▲このページのトップへ