ソーシャルボットが世論形成に影響【IT社会の英語ニュースについて議論する】第23回 12/20(水)20時 @オンライン

イベントは終了しました

  1. TOP
  2. 教室、ワークショップ

ソーシャルボットが世論形成に影響【IT社会の英語ニュースについて議論する】第23回 12/20(水)20時 @オンライン

グローバルな場で必要な英語力て何?「ITと社会」を英語で理解し、発信するための新英語ワークショップ。

2023/12/20(水) 20:00~2023/12/20(水) 21:30

  • ソーシャルボットが世論形成に影響【IT社会の英語ニュースについて議論する】第23回 12/20(水)20時 @オンライン イベント画像1

  • ソーシャルボットが世論形成に影響【IT社会の英語ニュースについて議論する】第23回 12/20(水)20時 @オンライン イベント画像2

2023年から始まった新しいワークショップ[IT社会の英語ニュースについて議論する]第23回開催のお知らせです。今回は書籍 [VOAで聞き読み IT社会の英語ニュース入門]のなかの[Topic 12] 用心するべきネットの情報: ねつ造と「不適切なコンテンツ」という話題を取り上げます。利用する教材は書籍の中のVOAの記事[Study Says Social Media ‘Bots’ Worked to Boost ‘Super League’](p.160-163, webでも閲覧可)です。詳細は以下のセクションでご確認ください。

ワークショップ第23回「ソーシャルボットが世論形成に影響する」のご案内

今回のワークショップは、VOAが報じた記事「ソーシャルメディア・ボットが頓挫した欧州サッカー・スーパーリーグ構想についての世論形成に影響したとの調査報告」について議論します。

この十数年で社会、特に世論形成に大きな影響を与えたものと言えば、何といってもソーシャル・メディア(SNS)でしょう。ソーシャル・メディアを通じて提供される様々な人々の見解は、これまで公の場で「意見」を表明する機会が、ほとんどなかった無名の「個人」をエンパワーメントする役割を果たしてきました。しかし、ソーシャル・メディアがもたらす負の側面は、見過ごすことが出来ないほど、大きくなっています。そのうちの一つがこのトピックの主要なテーマにもなっている「フェイク情報&ニュース」です。

主に、SNSで拡散されるフェイク情報の中でも、とりわけ問題なのが、生身の「人間」による情報発信ではなく、「ボット」と呼ばれる、AIを利用した自動化ツールによる情報の大量拡散です。なかでも、SNSのアカウントを使って拡散される情報が、世論の形成に寄与するようになったことは、大きな社会問題です。

ボットは、もともと、商品宣伝のための自動化ツールとして、消費社会で威力を発揮してきました。しかし、このツールは、すぐに別の目的に使われるようになります。ずばり、国家の未来を決めるような重要な政策決定や政治家の選出に影響を及ぼすようになってしまったのです。2016年のBrexitに関する英国の国民投票やトランプ氏が選出された米国大統領選において、ボットが果たした役割は小さくなかったことが、様々な研究で明らかにされています。

Social media, sentiment and public opinions: Evidence from#Brexitand#USElection

そして、実際にSNSのソーシャルボットは、一般人が気付かないほど大きな影響力を持っていることを様々な研究が明らかにしています。

ソーシャルボットはどのように世論を形成するのか?

「2017 年のデータでは Twitter に登録されているユーザーの約 15 %がボットとみられていました。さらに、2022 年のワシントン大学セントルイス校の最新の研究によると、Twitter ユーザーの 25 ~ 68 %がボットであるとの結果が出ています。」

サニャ・トライチェワ

あなたはこの問題についてどう思いますか?VOAの記事はウェブで読めますので、初めての方も是非、ご参加ください。ワークショップの内容は以下のとおりです。

日時: 2023年 12月20日(水)20時~21時30分
場所: オンライン
定員: 参加者は10名程度まで(但し、見学者は含まない)
費用: 見学のみ: 500円、初回参加者:800円(オンラインのみ)~

教材は以下のHPでご確認ください。「ITと社会」の各テーマに関する解説も含まれていますので、できるだけ、テキストを購入されることをお薦めします。準備なしでは設問には答えられないと思います。設問は参加予定者及びオンライン・サロン/有料ニュースレター会員に送付します。

[教材]

Study Says Social Media ‘Bots’ Worked to Boost ‘Super League’

チケット

チケットはこのYahooチケット・サイトから購入、もしくは銀行振込みでお願いいたします。

また銀行振り込みの場合、以下のサイトから用紙をダウンロードしてご利用ください。


ワークショップ 「IT社会の英語ニュースについて議論する」

2023年3月半ばから「IT社会の英語ニュースについて議論する」を始めます。デジタル社会の急速な進展を受けて、労働者全員が世界のIT開発の動向とそれが社会や企業活動に与えるインパクトについて知るべき時代となりました。パンデミックからポスト・コロナの世界では、以前にもまして、デジタル技術の方向性をいち早く知り、それを使ったイノベーションを世界の人々と共有する時代になりました。いくら翻訳ソフトが進化したとはいえ、日本語だけでは、情報収集にも限界があります。また、世界共通語となった英語を自在に使えるようにならなければ、変化の激しいビジネスの世界で、今後の個人及び企業の成長は望めません。

このワークショップは世界のデジタル・サービスの現状及びそれが社会に及ぼす影響を英語で理解し、それらに関する意見を自分で発信することにより、英語力とコミュニュケーション・スキルの増強を同時に図る、という画期的なプログラムです。コロナ期間の3年間、オンラインでワークショップを開催してきましたが、ワークショップの参加者の満足度は高く、変わりゆく世界の最新英語ニュースをいち早く理解するとともに、自分の意見を英語で伝える楽しさにも目覚めた、と言います。「IT社会の英語ニュースについて議論する」も参加者に新しい力と自信を与えるものになる内容である、と確信しています。

「VOAで聞き読み IT社会の英語ニュース入門」の英語は難解ではありません。しかし、関連する社会問題を理解していないと発言できないテーマばかりです。今後の予定としては月2-3回(対面でのSDG英語ニュースも別途開催予定)、エッセイをグループで議論し、これらにITに関わる社会問題を英語で自分でも発信できるようにすることが目標です。ワークショップはグローバル・アジェンダが開発したフォーマットを利用します。 「IT社会の英語ニュースについて議論する」はIT社会の17のテーマ全てについてVoice of America (VOA)の記事を利用し、英語で議論します。詳細は以下のマガジンでご確認ください。

IT社会の英語ニュースについて議論する

VOAで聞き読み IT社会の英語ニュース入門


以下、出版社のサイトからの抜粋です。 IT社会の「今」を英語で知るための入門書。VOAニュース29本を厳選!

こんな方に最適

  • 高校レベル以上の英語を学んでおり、もう少し広いテーマを用いて英語を学びたい方
  • ITを用いたサービスやIT企業の動きなどについて、英語で情報(特にニュース記事)を集めたい方
  • IT関連ニュースに興味があり、できればそれをテーマに英語を学んでみたい方

【本書の構成】

Part 1「コロナとIT」

[Topic 1] リモートワークとオンライン授業
[Topic 2] ITと文化(1) コロナ禍で進む文化のオンライン化
[Topic 3] IT社会を支える基盤: グローバルサプライチェーン
[Topic 4] ITを活用したコロナウイルスへの対抗

Part2 「ITがもたらす社会の変化」

[Topic 5] 新しいビジネスを拓くテクノロジー: 5Gと人工知能
[Topic 6] テクノロジーがもたらす仕事の未来: ロボットと自動化
[Topic 7] 「拡張された現実感」: 視覚インターフェースの未来
[Topic 8] ブロックチェーン: 新しい「所有」の形
[Topic 9] ITと文化(2) デジタルゲームとSNS
[Topic 10] 広がるIT活躍の場: 教育現場とヘルスケア

Part 3「ITとトラブル」

[Topic 11] IT社会の安全を脅かすサイバー攻撃: 不正アクセス・コンピューターウイルス
[Topic 12] 用心するべきネットの情報: ねつ造と「不適切なコンテンツ」
[Topic 13] プライバシーと個人情報: インターネット利用者の権利
[Topic 14] デジタル機器の健康問題

Part4 「ITを巡る世界の動静」

[Topic 15] デジタル超大国、中国の現在
[Topic 16] IT国際情勢: サイバー戦争、情報統制
[Topic 17] グローバルIT企業の功罪と法規制

チケット販売期間外です

販売
期間

2023/12/7(木) 16:00~

2023/12/20(水) 18:00

PassMarketのチケットについて

チケット情報

このチケットは主催者が発行・販売します

サロン&ゴールド会員@オンライン

1,500円

一般 回数券(3回@オンライン)

5,700円

一般@オンライン

2,000円

初回参加者@オンライン

800円

有料ニュースレター会員(月1回)@オンライン

1,500円

見学のみ@オンライン

500円

販売条件

オンラインワークショップはGoogle Meetを利用します。 【キャンセルポリシー】有料の場合、返金はありません。キャンセルされた場合、次回のワークショップに振り替え、または手数料などを除いた実費のバウチャーをお渡しします。 オンラインでは、通信上の問題が発生する場合がありますが、不具合の場合、次回無料で参加できます。

お支払い方法

PayPay残高 PayPay

クレジットカード決済

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • Amex

コンビニ決済

※コンビニ決済は別途手数料がかかります。
 またお支払い期限がございます。
 詳細はこちらをご確認ください。

チケットの取出し方法

チケットはこちらまたは
お申し込み時に登録したメールアドレス
よりご確認いただけます。

お問い合わせ先

メールアドレス

its.globaleducation@gmail.com

電話番号

050-5899-5753

9時から21時

このイベントを見ている人にオススメ

読み込み中


▲このページのトップへ